専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「ジャッジを息子のように愛しているが…」元ヤンキースコーチのエ軍暫定監督、大谷翔平は球界最高の価値ある選手と改めて強調!

THE DIGEST編集部

2022.09.18

MVPを争う大谷(左)とジャッジ。果たして軍配はどちらに? (C) Getty Images

MVPを争う大谷(左)とジャッジ。果たして軍配はどちらに? (C) Getty Images

 投打にわたる奮闘ぶりに、指揮官も賛辞を惜しまない。

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が現地9月17日、本拠地でのシアトル・マリナーズ戦に「3番・指名打者兼投手」で先発出場。打っては先制打を含む2打数1安打1打点、投げては7回(107球)8奪三振・無失点の好投で13勝目(8敗)を挙げ、2対1の勝利に貢献した。

【動画】101マイルシンカーを投げた直後に打球速度106マイルの先制二塁打! 大谷翔平、異次元の二刀流パフォーマンス!
 リアル二刀流での先発となったこの日、大谷は初回にヒットで出塁したマイク・トラウトを一塁に置いて、左翼越えの先制タイムリー二塁打を放つ。一方投手・大谷も強打のマリナーズ相手に二塁を一度しか踏ませず、凡打と三振の山を築いた。結局、大谷は7回を被安打3の無失点で切り抜け、リリーフ陣も1失点に抑えて勝利を手繰り寄せた。

 この試合で大谷は、規定打席と合わせた史上初のダブル規定到達へあと14イニングと迫り、残る3回の登板で偉業達成となるかが注目される。

 大谷の投打にわたる圧巻のパフォーマンスには、ネビン暫定監督も諸手を上げて称賛。『Bally Sport.com』はMVP獲得に独自の見解を持つ同暫定監督が、「前にも言ったが、大谷は現在の野球界で最も価値のある選手だ」と語ったことを紹介。そのうえで、「誰かが彼が投打両面でやっていることができるようになるまで、私はそれ(MVP)が他の選手にいくとは思わない」と言い切っている。

 また、ネビン暫定監督は、ヤンキースの元コーチではあるが、「私はアーロン・ジャッジを息子のように愛している。しかし、(大谷は)他の誰もが真似できないような野球をやっていると言い続けるだろう」と、MVP争いで大谷のライバルとなっている愛弟子のジャッジをも上回っているとしている。

 今回の力投と先制&決勝打で、さらに大谷の二刀流プレーヤーとしての株は上がったはず。指揮官も期待を寄せるMVPレースの行方にも注目したい。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】「MVPの肩書だけでは不十分だ」大谷翔平の華麗フィールディングに米メディア脱帽!!「GGも獲りに来てる!」

【関連記事】「正気の沙汰じゃない!」大谷翔平の“規格外”の投球に反響止まず! 米記者たちが「本当に凄い男だ」と感嘆

【関連記事】「あらゆる意味でレジェンドだ」大谷翔平が敵選手に贈った“お宝プレゼント”に反響止まず!米識者は「今年のお気に入りの話」と感激
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング