専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【編集部が選ぶベストナイン】“労働量“の千賀、“質“の山本をどう評価するか。近本とソトの争いは“総合力”で後者に軍配

スラッガー編集部

2019.11.25

ノーヒッター、歴代最高の奪三振率だけでなく、「労働量」で違いをつけた千賀がわずかに山本に勝った。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

ノーヒッター、歴代最高の奪三振率だけでなく、「労働量」で違いをつけた千賀がわずかに山本に勝った。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 25日、セ・パ両リーグのベストナインが発表された。しかし、千差万別。見る人・評価する人が違えば、その結果は異なってくる。『THE DIGEST』では、プロ野球に精通する識者ふたりに加え、スラッガー編集部も選考に参加。改めてアウォード投票の難しさに直面した。

  ◆   ◆   ◆

【パ・リーグ】「質」の山本、「量」の千賀
 パ・リーグは打撃タイトル計5部門のうち首位打者(森友哉)、最多安打(秋山翔吾)、本塁打(山川穂高)、打点(中村剛也)の4部門でリーグ1位を輩出し、またリーグ制覇を果たした西武から多くの選手が選ばれるのは、ある意味で当然の結果と言える。

 最高出塁率の近藤健介(日本ハム)も外野部門で候補になったものの、吉田正尚(オリックス)、秋山にはまず及ばない。また、攻守にわたって多面的な活躍を見せた荻野貴司(ロッテ)が近藤を上回ると判断した。遊撃部門は打撃面で活躍した茂木栄五郎(楽天)も捨てがたいが、圧倒的な守備力に加え、走塁面でも貢献度の高い源田壮亮(西武)を評価した。

 悩ましかったのが、二塁と投手。前者は外崎修汰(西武)と浅村栄斗(楽天)、後者は千賀滉大(ソフトバンク)と山本由伸(オリックス)の争いだ。外崎もハイレベルな成績だったが、移籍1年目で外崎の打撃スタッツをすべて上回った浅村に軍配が上がる。

 投手の2人は、端的に言えば「労働量」の千賀、「質」の山本をどう評価するかにかかっている。高卒3年目で最優秀防御率、しかも両リーグ唯一の1点台を記録した山本のインパクトが絶大だったのは間違いない。だが、イニング数では千賀が37.1回も上回っている。1先発平均7イニングとして、実に5先発の差があるわけだ。また、千賀自身もノーヒッター、歴代1位の奪三振率11.33とハイクオリティな働きを見せている。その意味でもベストナインにふさわしいと判断した。

 編集部では、DHは来日1年目にして33本塁打&OPS.936のブラッシュ一択だったが、結果はデスパイネが受賞。本塁打(36本)以外のスタッツでブラッシュが劣っているものはなかっただけに、やや腑に落ちないところはある。
【パ・リーグ】
投手:千賀滉大(ソフトバンク)
捕手:森友哉(西武)
一塁手:山川穂高(西武)
二塁手:浅村栄斗(楽天)
三塁手:中村剛也(西武)
遊撃手:源田壮亮(西武)
外野手:吉田正尚(オリックス)
外野手:秋山翔吾(西武)
外野手:荻野貴司(ロッテ)
指名打者:ブラッシュ(楽天)
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング