専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【キャンプ展望:西武】「一番のキーマンは僕なんかな」――西武・松井稼頭央新監督が目指す「野球の原点」<SLUGGER>

上岡真里江

2023.01.25

松井新監督は現役時代はNPB・MLB合わせて通算465盗塁。盗塁王も3度獲得するなど、三拍子そろった中でも特に機動力が売り物だった。写真:産経新聞社

松井新監督は現役時代はNPB・MLB合わせて通算465盗塁。盗塁王も3度獲得するなど、三拍子そろった中でも特に機動力が売り物だった。写真:産経新聞社

 5年間の下積み経験こそが、新指揮官の最大の強みと言えるだろう。

 今季から西武の指揮を執る松井稼頭央監督は、2018年に西武へ15年ぶりに復帰。選手と同時にテクニカルコーチを兼任して、指導者人生をスタートさせた。

 ロッカーはコーチ陣の一角に用意され、コーチミーティングにも参加。首脳陣としての流れを学んだ。同年限りで現役を引退すると、翌年から3シーズンにわたって二軍監督を務め、昨年は一軍ヘッドコーチとして辻発彦前監督を支えたのだった。

 指揮を執る今季のチームは、現役時代にチームメイトとしてともに戦った栗山巧、中村剛也が最年長者として支え、源田壮亮、外崎修汰、山川穂高らが主力として牽引する。彼らと選手同士として、互いの考えを語り合った時間を共有していることは、信頼関係を築く上でかけがえのない財産だ。
 
 新指揮官はすでに「源田(遊撃)、山川(一塁)、外崎(二塁)以外は白紙状態」と公言している。確かに、FAでオリックスへ去った森友哉が担っていた正捕手を含め、ほとんどのポジションで確たるレギュラーはいない。逆に言えば、二軍監督時代に手塩にかけて育ててきた若獅子たちが、いよいよ花開く可能性を期待するということだ。松井チルドレンにとっては千載一遇の大チャンス。どのポジションに新監督のカラーが出るのか非常に楽しみだ。

 松井新監督が目指すのは「足を使った積極的な野球。ピッチャーを中心に1点を守れる、1点を勝ち越せる野球」だ。

「うちは山川という軸がいて、その中でしっかりと足を使いながら、どう1点を取るか。もちろん、打って勝てればベストですが、これだけピッチャー全体のレベルが上がってくると、なかなか簡単に点も取れない。その上で、どう1点を守るかというところがより大事になってくると思います。1対0でもいいし、8対7でもいい。この“1点”を勝ちきる、守りきるというのが、本当に強いチームだと思う。そこを目指したい」
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング