専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

「反逆者」と呼ばれた男たちが切り拓く日本球界の未来【1】「勘違いから人生は始まるんですよ」菊池雄星の“10年後”の思い

氏原英明

2020.05.22

「夢を語らせてあげてほしいですよね。好きなことをやってそれをダメだっていう業界、おかしくないですか。そういうところは変わってほしいです」

 自身の高校時代を回想し、そう語ったのはマリナーズでメジャー2年目を迎えた菊池である。「高校生のくせに勘違いするな、とかいろいろ言われました」と当時を回想する。

 菊池が高校時代からメジャーを夢見た背景には二人の人物の存在がある。

 一人は花巻東高の恩師・佐々木洋監督だ。「新渡戸稲造になれ」という言葉に強く背中を押され、高校1年の冬には目標設定のど真ん中に「高卒でドジャース入団」と記し、ともに夢を追ってきた。

 もっとも、メジャーを身近に感じさせてくれたのはもう一人の人物だ。当時、ドジャースの日本担当スカウトを務めていた小島圭市氏だ。
 
「日米に限らず、多くのスカウト、僕が高校3年生になって甲子園で活躍してから見てくれるようになりましたが、小島さんは1年生の冬からグラウンドに来てくれました。毎月最低1回は見に来てくれて『今を見ているんじゃない、5年後、10年後の可能性を感じている』という視線は僕にとって大きな励みでした」

 高校時代の菊池はメジャー挑戦を先に見据えながら、日本一を目指した。しかし、3年春の選抜で準優勝を果たし、夏も甲子園ベスト4に進出して一躍、時の人となった菊池は口を閉さなければならなくなった。

 09年10月、菊池はドラフトを前にメジャーではなく日本の球団に入ることを明言。苦渋の決断に涙を流す姿は、今も多くのファンの記憶に焼き付いている。

 もっとも、日本のプロ野球を9年経験し、メジャー2年目を迎えた今も高校から直接アメリカに行くことが最良の選択だと思っているわけでは必ずしもない。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング