専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

12球団の「今季1号」がついに出揃う。最速はパ51年ぶりの開幕戦初球本塁打を放った辰己。一方、“最遅”の日本ハムは…

SLUGGER編集部

2021.04.08

<阪神:サンズ/3月26日、対ヤクルト、4回>
 逆風の中、ヤクルト先発・小川泰弘のカーブを捉えてバックスクリーン右へ。さらに8回にも弾丸ライナーで左中間スタンドに叩き込んだ。開幕戦2本塁打は球団史上3人目で、助っ人では初の快挙だった。
 
<オリックス:吉田正尚/3月26日、対西武、6回>
 開幕戦の相手は昨季打率5割とお得意様の髙橋光成。初回にもセンター前ヒットを放ったが、4点ビハインドの6回、高めのカーブをフルスウィングした打球は高々と上がってライトスタンドへ飛び込んだ。

<ロッテ:マーティン/3月26日、対ソフトバンク、6回>
 育成出身選手初の開幕戦白星を目前にしていた石川柊太から、フルカウントまで粘って逆方向への見事な一発。マーティン曰く、「開幕戦でのホームランはプロ14年目で初めてなんだ」。

<中日:ビシエド/3月26日、対広島、8回>
 前回までは0対4とリードされていた中日打線がこの回に爆発。一挙3点を挙げ、さらに2死三塁の好機で打席に入ったビシエドは、代わったばかりのケムナ誠から弾丸ライナーで逆転2ラン。開幕戦での本塁打は2年連続の3本目となった。
 
<ヤクルト:村上宗隆/3月27日、対阪神、6回>
 開幕戦は4打数無安打と不発だった村上だが、6回の第3打席でチーム1号を放つ。この日はルーキーの元山飛優もプロ初本塁打を放ったが、一方の阪神にも新人大砲・佐藤輝明の一発などが出て、ヤクルトは5対9で開幕2連敗。

<DeNA:佐野恵太/3月27日、対巨人、7回>
 チーム1号は昨季レギュラー定着1年目でいきなり首位打者を獲得した主砲・佐野。昨季のシーズン1号は28試合目だったが、今季は開幕2試合目に早くも初アーチ。三浦大輔監督も「早く結果が出てよかった」とひと安心だった。

<日本ハム:大田泰示/4月7日、対ソフトバンク、4回>
 12球団最後の「チーム1号」は、開幕10試合目にようやく出た。1点ビハインドの4回、1死一塁で打席に立った大田は、カウント3-1から強振。打球はレフトスタンドに飛び込んだ。ただ、チームは結局2対6で敗れ、10試合で1勝7敗2分といまだ光は見えず。

構成●SLUGGER編集部
 
NEXT
PAGE
【動画】これぞ天才…! 森友哉が“最強”・山本由伸から豪快アーチ

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング