専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

“ペニー”・ハーダウェイが告白!全盛期に「彼は特別な存在だ」と感嘆した選手は…

ダンクシュート編集部

2020.05.20

早熟の天才プレーヤー“ペニー”。キャリア通算、平均15.2点、4.5リバウンド、5.0アシストの結果を残した。(C)Getty Images

早熟の天才プレーヤー“ペニー”。キャリア通算、平均15.2点、4.5リバウンド、5.0アシストの結果を残した。(C)Getty Images

 アンファニー・“ペニー”・ハーダウェイは、“マジック・ジョンソン2世”に最も近い存在だった。身長201cmの大型ポイントガード(PG)としてその名を轟かせたが、その稀代のオールラウンダーも全盛期に思わず感嘆した選手がいたという。

 1993年のドラフトで1巡目3位を受け、トレードを経てオーランド・マジックでキャリアをスタートさせたペニー。ルーキーイヤーから全82試合に先発出場し、平均16.0点、5.4リバウンド、6.6アシスト、2.32スティールをあげ、怪物センターとして猛威を振るうシャキール・オニールの相棒として名乗りを上げた。

 翌1994-95シーズンには平均20.9点、7.2アシストと成績を伸ばし、オールスター出場、オールNBA1stチーム初選出とリーグ屈指のPGに成長。プレーオフでもマイケル・ジョーダンが1度目の引退から復帰したシカゴ・ブルズを破り、球団創設6年目で、ファイナル初進出を果たした。頂上決戦ではヒューストン・ロケッツに4連敗を喫したものの、ペニーは平均25.5点、4.8リバウンド、8.0アシストと意地を見せた。

 3年目のシーズンも平均21.7点、7.1アシストを記録したが、プレーオフではカンファレンス決勝でブルズにリベンジを食らって敗退。シーズン終了後にシャックがロサンゼルス・レイカーズへ移籍したため、新エースとして期待されたが、そこからバスケットボールの神様はペニーに“試練”を与え続けた。
 
 96―97シーズン以降は半月板や前十字靱帯など度重なるヒザの故障に悩まされ、マイクロフラクチャー手術も経験。それにより本来の輝きを失い、その後フェニックス・サンズ、ニューヨーク・ニックス、マイアミ・ヒートと渡り歩き、2007-08シーズン途中に解雇されて事実上の現役引退と、儚くNBAキャリアに幕を閉じた。

 通算15シーズンで704試合に出場し、平均15.2点、4.5リバウンド、5.0アシスト。早熟の天才として語られ続けているハーダウェイだが、今年3月の『HOOPSHYPE』のインタビューでは「NBAでの最初の7、8年は、成績、プレースタイル、ゲームで残したインパクトでは殿堂入りしたどの選手とも張り合えたと思う」と全盛期のポテンシャルには絶対の自信を覗かせていた。
 
NEXT
PAGE
ペニーは、バスケットボール殿堂入りをしたアイバーソンのマッチアップについて語った

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング