専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

“ロブシティ”で優勝できなかったクリス・ポールがクリッパーズ時代を回顧「運を味方につけることは一度もなかった」

秋山裕之

2020.06.02

弱小球団のクリッパーズを強豪に押し上げたポール。優勝を果たせなかった当時の想いを振り返った。(C)Getty Images

弱小球団のクリッパーズを強豪に押し上げたポール。優勝を果たせなかった当時の想いを振り返った。(C)Getty Images

 新型コロナウイルスの影響によりNBAがレギュラーシーズンを中断してから2か月以上が経過した5月下旬のこと。クリス・ポール(オクラホマシティ・サンダー)がアメリカの新動画配信サービス『Quibi...
 新型コロナウイルスの影響によりNBAがレギュラーシーズンを中断してから2か月以上が経過した5月下旬のこと。クリス・ポール(オクラホマシティ・サンダー)がアメリカの新動画配信サービス『Quibi』のドキュメンタリー「Blackballed」に出演した。

 そこでポールは、2011年から17年までの6シーズンを過ごしたロサンゼルス・クリッパーズ時代について回顧。「ドック(リバースHC)は常にこう言っていた。チャンピオンシップを勝ち取るためには、運も味方につけなきゃいけない、と。そして俺たちが運を味方につけることは一度もなかったんだ」と振り返った。

 クリッパーズはポール、ブレイク・グリフィン(現デトロイト・ピストンズ)というリーグ有数の実力者に、ディフェンシブアンカーとして頭角を現わしたディアンドレ・ジョーダン(現ブルックリン・ネッツ)を加えた3本柱を中心に、それまでのドアマットチームからプレーオフの常連へと変貌を遂げた。さらに2013-14シーズンからはドック・リバースHCが就任。08年にボストン・セルティックスを頂点へと導いた指揮官が加わったことで、チームは優勝候補と目されるようになった。
 
 ポールが在籍した6シーズンにおいて、クリッパーズは通算313勝163敗、勝率65.8%の好成績をマーク。この勝率を上回るのはサンアントニオ・スパーズとゴールデンステイト・ウォリアーズのみである。だがその期間にNBAを制したのはマイアミ・ヒート(12、13年)、スパーズ(14年)、ウォリアーズ(15、17年)、クリーブランド・キャバリアーズ(16年)の4チームであり、クリッパーズはウエスタン・カンファレンス決勝にさえ進むことができなかった。

 チームは6シーズン連続でプレーオフ進出を果たしたものの、ほとんどの年でケガ人を抱えており、主力不在の状況で戦わざるを得なかった。もし万全の状態で戦えていたら…、そう惜しむファンも少なくないだろう。

 ではここで今一度、クリッパーズの6年間の戦績を振り返ってみよう。
 
NEXT
PAGE
ポールが在籍した6年間のクリッパーズ戦績一覧

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング