専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

ジョーダンとレブロンの“G.O.A.T論争”が再加熱?「今季レブロンが優勝すれば…」

ダンクシュート編集部

2020.06.29

もし今季レブロン(右)がリーグ制覇を果たせば、ジョーダン(左)との“G.O.A.T”論争に再び火がつくだろう。(C)Getty Images

もし今季レブロン(右)がリーグ制覇を果たせば、ジョーダン(左)との“G.O.A.T”論争に再び火がつくだろう。(C)Getty Images

 “NBA史上最高の選手は誰か?”。これは選手やリーグ関係者、さらにはファンの間で永遠に議論され続けるテーマだ。現在“G.O.A.T(...
 “NBA史上最高の選手は誰か?”。これは選手やリーグ関係者、さらにはファンの間で永遠に議論され続けるテーマだ。現在“G.O.A.T(Greatest Of All Time)”の最有力なのはマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)だが、その座にレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)が近づきつつあるのは間違いない。

 かつてボストン・セルティックスなどで活躍したアントワン・ウォーカーも、そう考える人物の1人だ。6月26日(日本時間27日、日付は以下同)、FOX Sportsの『First Things First』に出演したウォーカーは、「今季のNBAタイトルが、レブロンのレガシーにどう影響するか」という問いに対し、次のように見解を述べた。

「もし彼がレイカーズで優勝し、異なる3つのチームでチャンピオンリングを獲得したとなれば、マイケルと同じ“G.O.A.T”のカテゴリーに括られ、再び議論が始まると思う。ウエスタン・カンファレンスはとてもタフだから、勝ち抜くのはなかなか厳しいだろう。ファイナルに辿り着くにはクリッパーズを倒す必要があるからね」
 ジョーダンとレブロンを比べた場合、個人成績に関しては甲乙がつけ難い。しかし優勝回数はジョーダンの6回に対し、レブロンは3回。この部分がジョーダンを優勢とする大きな要素で、現在35歳のレブロンが追いつくのはやや厳しいかもしれない。

 ただ、もしレブロンが今季レイカーズでリーグ制覇を果たした場合、マイアミ・ヒート時代の2012、13年、クリーブランド・キャバリアーズ時代の2016年とあわせ、3球団で頂点に立ったことになる。これはNBAの歴史を見ても、ジョン・サリー(1989、90年/デトロイト・ピストンズ、1996年/ブルズ、2000年/レイカーズ)とロバート・オリー(1994、95年/ヒューストン・ロケッツ、2000~02年/レイカーズ、2005、07年/サンアントニオ・スパーズ)と過去2人しか成し遂げていない大記録だ。
 

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

NEXT
PAGE
はたして今季終了後、“G.O.A.T論争”は再び過熱するか

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング