専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

76ersの「歴代ベスト5」を選定!MVP経験者4人の豪華布陣が完成。現役選手の入る余地は……

杉浦大介

2020.06.28

アイバーソン、ドクターJ、バークレー、チェンバレン。76ersは個性と実力を兼ね備えたスーパースターを数多く輩出してきた。(C)Getty Images

アイバーソン、ドクターJ、バークレー、チェンバレン。76ersは個性と実力を兼ね備えたスーパースターを数多く輩出してきた。(C)Getty Images

 1946年の創設から74年。その長い歴史の中でNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE DIGEST』では、NBAに精通する識者に依頼し、全30チームのベストメンバーを選んでもらった。今回はリーグ優勝3回を誇り、近年は再び強豪の地位に返り咲きを果たしている「フィラデルフィア・76ers」編をお届けしよう。

【ポイントガード】
ハル・グリアー
 
1936年6月26日生。188cm・79kg。
在籍期間:15シーズン(1958~73年)
成績:1122試合、平均19.2点、5.0リバウンド、4.0アシスト

 1958~73年にかけてシクサーズ一筋(注:1963年まではシラキュース・ナショナルズというチーム名)で活躍した往年の名ガード。ナチュラルポジションはシューティングガードだが、スピードと得点力を兼ね備え、オールスターには合計10度選出。特にウィルト・チェンバレンと抜群のケミストリーを奏で、1967年のプレーオフではチームトップの平均27.7点をあげて優勝に大きく貢献した。翌68年には平均24.1点、5.4リバウンド、4.5アシストの好成績を残し、このシーズンはオールスターのMVPにも選ばれている。

 これだけの実績を誇りながらもなぜか知名度は高いとは言えないが、通算得点、出場試合数、出場時間は依然としてチーム史上1位、アシスト数は同2位を誇る。紛れもなく76ersの歴史に残るプレーヤーであり、チームの練習施設の前には銅像が建てられている。
 
【シューティングガード】
アレン・アイバーソン

1975年6月7日生。183cm・75kg。
在籍期間:12シーズン(1996~2006、09,10年)
成績:722試合、平均27.6点、3.9リバウンド、6.1アシスト

 2000年代以降のNBAファンには説明の必要もないはずだ。小柄な身体で平均30点以上を4シーズンにわたってマークし、得点王に輝くこと4回、オールスター選出11回。2001年はシーズンMVPに輝き、層が厚いとは言えなかったチームをファイナルに押し上げた。

 2008年、ESPNが選定したNBA史上最も偉大なSGのランキングでは、マイケル・ジョーダン、コービー・ブライアント、ジェリー・ウエスト、ジョージ・ガービンに次ぐ5位にランクイン。公称183cmというサイズを考えれば、この順位に入ったことは驚異的だと言っていい。

 もっとも、アイバーソンの魅力はこういった記録や勲章を超えたところにある。「毎試合が最後だと思ってプレーする」と口癖のように語り、実際に捨て身でゴールにアタックし続けた姿はファンを熱狂させた。そのファッションやヘアスタイルも特徴的で、同世代のシンボルになった。

 アイバーソンが去った後、これほどのカリスマ性を持ち、ファンをエキサイトさせた選手はほとんど現われてない。特に最高のはまり具合を見せたブルーカラーの街フィラデルフィアにおいて、その功績は永遠に語り継がれていくに違いない。
 

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらか

NEXT
PAGE
史上最高級の豪華さを誇るフロントライン

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング