専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

サイモンズが新ダンク王者に!ただ全体的に盛り上がりに欠けた印象も〈DUNKSHOOT〉

ダンクシュート編集部

2021.03.08

王座に就いたのはサイモンズ。予選2本目では2000年にマッグレディが見せた360°を再現した。(C)Getty Images

王座に就いたのはサイモンズ。予選2本目では2000年にマッグレディが見せた360°を再現した。(C)Getty Images

 3月7日(日本時間8日)に行なわれた夢の祭典、NBAオールスター。例年は“オールスターウィークエンド”と銘打って、金~日曜日にかけた3日間で各イベントが開催されるものの、今年は新型コロナウイルスの影響もあり、この日1日で全イベントを消化。本戦のハーフタイム中には、スラムダンク・コンテストが行なわれた。

 出場者はアンファニー・サイモンズ(ポートランド・トレイルブレイザーズ)、オビ・トッピン(ニューヨーク・ニックス)、キャシアス・スタンリー(インディアナ・ペイサーズ)の3人。いずれもキャリア3年以下、23歳以下で初出場とフレッシュな顔ぶれが揃った。

 予選1本目、先陣を切ったスタンリーはビトウィーン・ザ・レッグダンクを披露し44点。トッピンはジャンプしながらドリブルで股を抜き、ビハインドダンクを叩き込む一発で48点。サイモンズはボードの真ん中付近の高さにボールを設置し、空中で掴んでそのままボースハンドダンクという、身体能力を生かしたシンプルな試技で46点を記録した。
 
 予選2本目、スタンリーは2016年にアーロン・ゴードン(オーランド・マジック)が見せた、両足の下をくぐらせてのダンクを試みるも2度失敗。その後ボールを空中でキャッチしてワンハンドダンクという“置きに行った”試技で、37点に沈んだ。

 続くサイモンズはトロント・ラプターズ時代のトレイシー・マッグレディのジャージーに身を包み、2000年のコンテストで彼が披露した360°を再現(回転は逆)。49得点を記録した。トッピンは同僚のジュリアス・ランドルら2人を飛び越えてのダンクを叩き込み、46点をマーク。合計95点のサイモンズ、94点のトッピンが決勝進出を果たした。

 一発勝負の決勝戦、トッピンはレーンアップを披露。ただ1度目は失敗した上、フリースローラインを大きく越えて踏み切ってしまった。対するサイモンズは跳躍力を生かし、リングにキスを試みるほどの高さまで飛び上がる一発。あまりにシンプルだったためやや盛り上がりに欠けたものの、審査員の判定は3対2でサイモンズに軍配が上がり、21歳の若武者が王座に就いた。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!
NEXT
PAGE
【動画】スラムダンク・コンテスト2021ハイライト

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング