専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

“ファブ・ファイブ”のウェバー、初優勝メンバーのライス、名ドリブラーのクロフォード… ミシガン大の最強メンバーを選定!<DUNKSHOOT>

出野哲也

2021.05.12

ウェバー(右)、ライス(左上)、クロフォード(左下)らを輩出したミシガン大のベストメンバーは?(C)Getty Images

ウェバー(右)、ライス(左上)、クロフォード(左下)らを輩出したミシガン大のベストメンバーは?(C)Getty Images

 1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)。そこでの活躍はプロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを送り出してきた。

 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別に最強メンバーを選出した場合、どんな顔ぶれになるのか。『THE DIGEST』では、双方に精通する識者に依頼し、各大学のベストメンバーを選んだ。

 第6回は90年代初頭にカレッジ史上最強の1年生クインテット、通称“ファブ・ファイブ”で一世を風靡したミシガン大編をお届け。クリス・ウェバーやグレン・ライスといったレジェンド、現役ではキャリス・ルバート、ティム・ハーダウェイJr.らを輩出したミシガンの最強メンバーとは——。
 
【ポイントガード】
リッキー・グリーン

1954年8月18日生。183cm・77kg
カレッジ成績:60試合、平均19.7点、3.3リバウンド、4.2アシスト
NBA成績:946試合、平均9.4点、1.9リバウンド、5.5アシスト

 76年にミシガンが10年ぶりのNCAAトーナメント決勝を戦った際の主力メンバー。77年の大学最優秀選手投票では、UCLAのマーケス・ジョンソンに次いで2位だった。

 同年のドラフト1巡目16位でゴールデンステイト・ウォリアーズに入団、マイナーリーグで苦労した時期もあったが、80-81シーズンにユタ・ジャズ入りしてからは実力を発揮。当時のNBAで最も足の速い選手の一人で、82-83シーズンにはリーグ3位の平均8.9アシスト、同2位の2.8スティール。翌年の2.7スティールは1位で、本数は83、84年に2年連続1位と極めて優秀なディフェンダーだった。84-85シーズンにジャズに入団したジョン・ストックトンが、3年間控えにとどめ置かれたのもグリーンがいたからだった。

 通算5221アシスト、1348スティールはどちらもミシガン大出身のNBA選手ではナンバー1。また88年1月25日には、リーグ誕生後通算500万点目となる超ロングシュートを命中させている。
 
NEXT
PAGE
SFは同大の初優勝のメンバーで97年のオールスターMVP

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング