専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

デイビス、ウォール、ブッカー…“大学バスケ界のローマ帝国”ケンタッキー大の歴代ベストメンバーを選定!<DUNKSHOOT>

出野哲也

2021.04.23

大学、NBAの両方で優勝したデイビス(左)を筆頭に、ウォール&カズンズ(右上)、ブッカー(右下)らケンタッキー大出身者には多くの現役スターが名を連ねる。(C)Getty Images

大学、NBAの両方で優勝したデイビス(左)を筆頭に、ウォール&カズンズ(右上)、ブッカー(右下)らケンタッキー大出身者には多くの現役スターが名を連ねる。(C)Getty Images

 1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)。プロを目指す若手選手たちにとってNCAAでプレーすることがNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターをNBAに送り出してきた。では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別に最強メンバーを選出した場合、どんな顔ぶれになるのか。『THE DIGEST』では、NCAAとNBAに精通する識者に依頼し、各大学のベストメンバーを選んでもらった。

 第4回はUCLAに次ぐ歴代2位、8度の全米制覇を誇るケンタッキー大編をお届け。長年スター選手を輩出し続け、特に近年は有望なプレーヤーを量産する“大学バスケ界のローマ帝国”の歴代ベスト5とは——。
 
【ポイントガード】
ジョン・ウォール

1990年9月6日生。191cm・95kg
カレッジ成績:37試合、平均16.6点、4.3リバウンド、6.5アシスト
NBA成績:612試合、平均19.1点、4.3リバウンド、9.1アシスト

 ケンタッキー大に入学した2009-10シーズンにアシストでカンファレンス1位、得点とスティールは2位と攻守で大活躍を見せ、10年のドラフトでは同大初となる全体1位指名でワシントン・ウィザーズに入団。「コート上を瞬間移動しているよう」と言われたほどのスピードを武器に、14年にはオールスターのスラムダンク・コンテストで優勝、本戦にも同年から5年連続で選ばれるなど、リーグを代表するPGとなった。

 タイトルにこそ手が届いていないものの、14、15、17年は平均アシストでリーグ2位、キャリア平均9.1本も現役ではクリス・ポールに次いで2位という好成績だ。16-17シーズンはスティールも2位につけ、ウィザーズ時代の通算5282アシストと976スティールはいずれも球団記録となっている。こうした華々しい活躍の一方で故障も多く、持病となっているヒザの痛みのほか、19-20シーズンは左足踵の負傷に加えてアキレス腱も断裂して全休した。ケガが癒えた今季は開幕前にヒューストン・ロケッツへトレードされ、復活を果たしている。
 
NEXT
PAGE
SGには現役屈指のスコアラーを選出

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング