専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「ルイの3ポイントは間違いなく向上したが…」シュート好調の八村塁にウィザーズ指揮官がさらなる“注文”<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2021.05.31

ここまで八村はシュートタッチが好調。それだけに飛躍を期待するブルックスHCは注文も忘れていない。(C)Getty Images

ここまで八村はシュートタッチが好調。それだけに飛躍を期待するブルックスHCは注文も忘れていない。(C)Getty Images

 現地時間5月30日、ワシントン・ウィザーズはチーム練習を行ない、フィラデルフィア・セブンティシクサーズとのプレーオフ・ファーストラウンド第4戦に備えた。

 シリーズはここまでシクサーズの3戦全勝。ウィザーズは初戦こそ前半終了時にリードを保ち、最後まで接戦を演じる奮闘を見せたものの、続く第2、3戦は完敗と言ってもいい内容で敗れ、瀬戸際に追い込まれている。

 ウィザーズのスコット・ブルックス・ヘッドコーチ(HC)は第3戦について「トランジションディフェンスで苦戦した。瞬時にマッチアップすることができなかった。判断ミスがあったんだ。その結果、たくさんの3ポイントを許してしまった。メンタル面の修正が必要だ」と反省。そして、プレーオフを始めて経験する若手も多いチーム状況を踏まえ、現実的な目標として1勝を掲げていた。
 
「シリーズは0勝3敗で苦しいが、一丸となれる機会だと思っている。当然、1試合で4勝できるわけではないから、まずはなんとか1勝することだ。我々のゴールはシリーズをフィラデルフィア(で行なわれる第5戦)に持ち込むこと。今シーズンはたくさんの試練を乗り越えてきた。またその機会が巡ってきたということだ」

 シリーズ平均30.3点をマークするブラッドリー・ビールの縦横無尽の動きと、ラッセル・ウエストブルックが繰り出す緩急自在のペイントアタック。ウィザーズが誇る二枚看板のオフェンス力を生かすために不可欠なのは、フロアのスペースを広げることだろう。

 だが、このシリーズのウィザーズは、3ポイント成功率23.4%(18/77)と不発。頼みのダービス・ベルターンスも29.4%(5/17)に終わっており、シクサーズの堅いディフェンスを打開できていない。

 そんななか、キャリア初のプレーオフに臨んでいる八村塁は、3戦連続の2桁得点に加え、3ポイントもここまで5/6(83.3%)と、少ない本数ながらチームトップの成功率を残している。ビールとウエストブルックにマークが集中しているため、スペースを空けられているのも高確率の理由だが、それでもシュートタッチは上々と言っていい。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング