専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

NBAで37年間続いた“シャックの法則”がついに途切れる!本人は「記録はいつか終わるものだ」<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2021.07.02

NBAで19年間プレーしたシャック。1984~2020年の37年間にわたって、元チームメイトがファイナルに進出していた。(C)Getty Images

NBAで19年間プレーしたシャック。1984~2020年の37年間にわたって、元チームメイトがファイナルに進出していた。(C)Getty Images

 NBAのプレーオフは現在カンファレンス・ファイナルが繰り広げられており、6月30日(日本時間7月1日)にはフェニックス・サンズがロサンゼルス・クリッパーズを4勝2敗で下し、1993年以来28年ぶりのNBAファイナル進出を決めた。

 その一方で、これまで30年以上にわたって続いていたある神話がひっそりと終わりを迎えた。

 それは1984年から昨年まで実に37年間もの間、シャックことシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)のチームメイトが少なくとも1人はNBAファイナルに進出しているというもの。

 1992-93シーズンから2010-11シーズンまで19年間NBAでプレーしたシャックは、計6チームに所属し、6度のファイナル進出、うち4度の優勝を飾った。チームメイトにはアンファニー“ペニー”ハーダウェイ(元オーランド・マジックほか)やコビー・ブライアント(元レイカーズ)、ドゥエイン・ウェイド(元マイアミ・ヒートほか)、レブロン・ジェームズ(現レイカーズ)といった超がつくほどのスーパースターをはじめ、数々のロールプレーヤーたちともプレーしてきた。
 
 そのなかで、今季は2人の元チームメイト、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのダニー・グリーンとクリッパーズのラジョン・ロンドがファイナル進出を争っていたが、シクサーズはカンファレンス準決勝、クリッパーズは同決勝で敗退。これによって今季のファイナルにシャックの元チームメイトが出場する可能性は消滅したのだ。

 シャックはこの日『NBA on TNT』の番組内で、「どれだけ長く続いている記録でも、いつかは終わるものだ。俺は長い間プレーできたことを幸運に思うね」と語り、37年間にわたって続いた快記録について振り返った。

 マジックではグレッグ・カイト(元セルティックスほか/1984~87年ファイナル出場)、レイカーズではバイロン・スコット(元レイカーズほか/1984、85、87、88、91年ファイナル出場)やAC・グリーン(元レイカーズほか/1987~89、91、2000年ファイナル出場)といった優勝経験のあるロールプレーヤーたちとプレー。
 
NEXT
PAGE
元チームメイトには複数の球団で優勝したレジェンドたちも

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング