専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

“初代ドリームチームの衝撃”から4年。シャックら豪華メンバーが「テロの恐怖」とも戦ったアトランタ【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>

出野哲也

2021.06.28

初代に比べネームバリューは劣るものの、実力的には遜色ないメンバーが“ドリームチーム3”に集結した。(C)Getty Images

初代に比べネームバリューは劣るものの、実力的には遜色ないメンバーが“ドリームチーム3”に集結した。(C)Getty Images

 バルセロナ五輪での“初代ドリームチームの衝撃”から4年。自国開催となった1996年のアトランタ五輪では、コート外での大事件こそあったものの、豪華メンバーを揃えたアメリカ代表は他国を圧倒し金メダルを勝ち取った。しかしこの大会以降、アメリカに対するトニー・クーコッチの“ある予言”が的中してしまうことになった。

■実力的には“初代”にも劣らない三代目ドリームチーム

 1992年のバルセロナ五輪で結成されたアメリカ男子バスケットボール代表は“ドリームチーム”と呼ばれ、世界中のバスケファンを熱狂させた。マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)やマジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)、ラリー・バード(元ボストン・セルティックス)ら、当時のNBA最高のスーパースターが勢揃いしたのだから、それも当然と言えるだろう。

 その2年後の1994年にも、世界選手権の代表チームとしてNBA選手が参加。だがこの“ドリームチーム2”は若手選手が中心で、バルセロナ五輪のメンバーが1人もいなかったため、話題性に欠けた。しかし、1996年のオリンピックは自国のアトランタが開催地とあって、再び最高レベルのプレーヤーたちが集結した。
 
 すでにバードは引退、4年のブランクを経て1995-96シーズン途中にカムバックしたマジックも、往年の力は失せていた。ジョーダンも早々に不参加を決め込んだが、それでもチャールズ・バークレー(当時フェニックス・サンズ)、デイビッド・ロビンソン(当時サンアントニオ・スパーズ)、スコッティ・ピッペン(当時ブルズ)、カール・マローン、ジョン・ストックトン(ともに当時ユタ・ジャズ)の5人がバルセロナに引き続いて参戦。さらに1994年のシーズンMVPアキーム・オラジュワン(当時ヒューストン・ロケッツ)も、ナイジェリア出身ではあったが1993年にアメリカ国籍を取得していたためチームに加わった。

 また、前回はアマチュア枠の有力候補でありながら、当時デューク大に所属していたクリスチャン・レイトナーにその座を譲ったシャキール・オニール(当時オーランド・マジック)も晴れてメンバー入り。オニールとレジー・ミラー(当時インディアナ・ペイサーズ)はドリームチーム2のメンバーでもあった。
 
NEXT
PAGE
試合では他国を圧倒するも、コート外で大事件が発生

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング