専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

【欧州ドラフト候補生チェック】ラメロ以上の強烈インパクトを残した有望株。欧州No.1プロスペクト、ロカス・ヨクバイティス<DUNKSHOOT>

小川由紀子

2021.07.19

ヨクバイティスのドラフト指名予想は2巡目。しかし秘めたる可能性は無限大だ。(C)Getty Images

ヨクバイティスのドラフト指名予想は2巡目。しかし秘めたる可能性は無限大だ。(C)Getty Images

 7月29日(日本時間30日)に開催される、今年のNBAドラフト。過去2シーズンはギリシャ出身のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)が、今季もセルビア人のニコラ・ヨキッチがシーズンMVPに輝いたように、ヨーロッパ出身選手の活躍が目覚ましい近年、ドラフト候補生にも将来有望な“欧州産の原石”が潜んでいる。この連載では、そんな期待のヤングタレントたちを数回にわたって紹介する。

       ◆       ◆       ◆

 フランス、スペイン、セルビアと並んで、ヨーロッパから多くの若い逸材を輩出しているリトアニア。そのなかでも、若手ポイントガードで、現在ヨーロッパNo.1のプロスペクトと評価されているのが、カウナスのジャルギリスに所属しているロカス・ヨクバイティスだ。

 ヨクバイティスは2000年11月生まれの20歳。昨年のドラフトにもエントリーしたが「あと1年ジャルギリスで経験を積みたい」と、撤回した。

 クラブの公式サイトでは身長193cmとなっているが、現時点では195cmほど。ウイングスパンは2mを超えているため、まだまだ伸びる可能性はある。父のアイバラスも国内リーグで活躍した元プロ選手で、ポジションはフォワードだった 。
 
 15歳で国内トップのジャルギリスに入団したヨクバイティス。セカンドチームで経験を積んでいた彼に、国内外のスカウトが注目するきっかけとなったのが、ユーロリーグのユース版で、金の卵を発見する場となっているアディダス・ネクストジェネレーション・トーナメント(ANGT)だ。

 2016-17シーズン、ジャルギリスは地域大会に優勝。フランスのINSEPチーム(CFBB)と対戦したファイナルで、ヨクバイティスはチームハイの18得点をマークして勝利に貢献した。

 INSEPはトニー・パーカー(元サンアントニオ・スパーズほか)らを輩出したフランスの国立エリートアスリート養成機関で、このときのチームには、オクラホマシティ・サンダーでルーキーイヤーから活躍しているテオ・マレドンや、ゴンザガ大で今年4月のNCAAトーナメント決勝にも出場したジョエル・アヤイらが所属。彼らを視察にきたスカウトたちにとって、ヨクバイティスの活躍は嬉しい発見となった。
 
NEXT
PAGE
2018年の試合で、ラメロよりも印象的な活躍を披露

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング