専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
東京五輪

王者がお目覚め!初戦を落としたアメリカが54点差の快勝で東京五輪初白星<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2021.07.28

NBA軍団のアメリカがイランを一蹴。21得点のリラードをはじめ計6選手が2桁得点を記録した。(C)Getty Images

NBA軍団のアメリカがイランを一蹴。21得点のリラードをはじめ計6選手が2桁得点を記録した。(C)Getty Images

 7月28日、東京五輪の男子バスケットボール・予選ラウンド第2戦が行なわれ、アメリカ(FIBAランキング1位)がイラン(同23位)と対戦。初戦でフランスに敗れたアメリカが120-66で圧倒し、今大会初勝利を飾った。

 フランス戦から先発を変更したアメリカは、ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)、デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレザーズ)、バム・アデバヨ(マイアミ・ヒート)に加え、新たにNBAファイナルで活躍したドリュー・ホリデー(ミルウォーキー・バックス)とデビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)を入れた5人でスタート。

 序盤からリラードが立て続けに3ポイントを沈めリードを奪うと、ホリデー、デュラントらも続き、28-12で第1クォーターを終える。完全に主導権を握ったアメリカは第2クォーターもザック・ラビーン(シカゴ・ブルズ)やリラードの長距離砲でみるみる点差を広げ、60-30で折り返した。
 
 アメリカは後半も攻撃の手を緩めず、第4クォーターには最大57点差をつけるワンサイドゲームに。終盤は余力を残しつつ、全員得点でアジアの強豪イランを一蹴した。

 初戦の敗戦から見事に立ち直ったチームUSAは、前半の6本を含む7本の3ポイントを沈めたリラードが最多の21得点。そのほか、ブッカーが16得点、ジェイソン・テイタムが14得点、ラビーンが13得点、デュラントとクリス・ミドルトンが10得点と計6人が2桁得点をあげた。守備ではイランから23ものターンオーバーを誘発し(アメリカは6)、チーム全体で34本のアシストから19本の3ポイントを成功(試投39本/成功率48.7%)させている。

 アメリカの予選ラウンド第3戦31日。2年前のワールドカップでも対戦(88-67で勝利)したチェコ(同12位)と相まみえる。

構成●ダンクシュート編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング