専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
東京五輪

「彼がいなければ勝ち切れなかったかも」グリーンが絶賛したアメリカ代表の重要人物とは?【東京五輪】

秋山裕之

2021.08.09

グリーン(左)はデュラント(右)とともにリオ五輪に続いて2度目の金メダルを獲得した。(C)Getty Images

グリーン(左)はデュラント(右)とともにリオ五輪に続いて2度目の金メダルを獲得した。(C)Getty Images

 東京オリンピックで金メダルを掴み取り、大会4連覇を成し遂げたアメリカ代表。このチームを引っ張ったのはもちろん、フランス代表との決勝戦でゲームハイの29得点をマークしたケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)なのは誰もが認めるところだろう。

 その一方で、チームをコート内外で支え、団結させた最大の功労者はゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンではないだろうか。31歳のオールラウンダーは、オフェンスではボール運びからスクリーナー、カッティングなどフル稼働。

 ディフェンスではバスケットボールIQの高さを駆使し、ペイントエリアのパトロール役として何度もカバーに入ってはチームメイトを助けていた。決勝では無得点に終わったものの、2リバウンド、2スティールにチームトップの5アシストと、黒子役として絶大な貢献をしていた。

「すごくスペシャルなグループだ。タフなシーズンを戦い終えた後にそれぞれが家族から離れてここへやって来た。そのうち3人はNBAファイナル後に飛行機でやって来た。そういった犠牲をして俺たちは形成されたんだ」
 
 優勝決定後、グリーンは7月上旬のトレーニングキャンプ開始からいたメンバーだけでなく、ファイナル終了後に合流したドリュー・ホリデー、クリス・ミドルトン(ミルウォーキー・バックス)、デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)、さらにはセレクトチームの選手たちやコーチングスタッフたちを称賛。

 グリーンは2016年のリオデジャネイロ大会に続いて自身2度目の金メダルとなったが、彼はNBAでも3度の優勝や3度のオールスター選出、17年には最優秀守備選手賞に輝くなど数多くの功績を残してきた。

 だが今回のオリンピック優勝は「俺の中では個人的にトップに入る出来事だ。世界の中でも俺たちは最もクレイジーな時間を過ごしてきたと思っている。COVID(新型コロナウイルス)で何人か失い、家族の元を離れ、多くの批判も浴びてきた。どの国も成長を遂げてきたから、(優勝できるかどうか)疑いもかけられていた。その中でやり遂げたから、俺にとって(今回の優勝)は特別であり、自分の中でトップだ」と誇らしげに語っていた。

 そんなグリーンが今回の優勝における重要人物として挙げたのはデュラントとホリデーだった。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング