専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
東京五輪

「リベンジできて最高の気分」W杯の雪辱を果たしたテイタム。今後の五輪出場にも意欲【東京五輪】

秋山裕之

2021.08.10

19年W杯の雪辱を果たし、金メダルを獲得したテイタム。今後の代表参加にも意欲を見せた。(C)Getty Images

19年W杯の雪辱を果たし、金メダルを獲得したテイタム。今後の代表参加にも意欲を見せた。(C)Getty Images

 東京オリンピックを戦った男子バスケットボールアメリカ代表は、8月7日に行なわれたフランス代表との決勝に87-82で勝利。4大会連続となる金メダルを勝ち取った。

「俺たちにはいくつか逆境があり、COVID(新型コロナウイルス)で辞退したり、何人かが遅れて合流したことで、いつもとは違う状況を乗り越えてきた。フランスはいいチームで、彼らは決して諦めない。だから俺たちはあのチームとまた戦いたかったんだ」

 そう語ったのは、平均20.7点、5.3リバウンド、3.7アシストをマークし、大会MVPに輝いたケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)。金メダルの立役者が試合後に話したように、このチームは新型コロナウイルスの安全衛生プロトコルによりブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)が出場を辞退、ザック・ラビーン(シカゴ・ブルズ)も同プロトコルによって日本への合流が遅れたほか、NBAファイナルに出場していたクリス・ミドルトン、ドリュー・ホリデー(ミルウォーキー・バックス)、デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)がグループリーグ初戦の前日に到着するなど、厳しい状況に直面していた。
 
 それでも、フランスとのグループリーグ初戦に惜敗後、アメリカはイラン代表、チェコ共和国代表を圧倒。その後も準々決勝でスペイン代表、準決勝ではオーストラリア代表を下し、フランスとのリマッチを制してトップへと上りつめた。

 今回のアメリカ代表は、オリンピック経験者がデュラントとドレイモンド・グリーン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)のみ、2019年のFIBAワールドカップ(W杯)に出場した選手もミドルトンとジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)のみと、国際大会における経験も決して豊富ではなかった。FIBAルールへのアジャストが求められるなかでチーム一丸となって勝ち取っただけに、今大会の優勝は大きな価値があると言っていい。

 なかでもテイタムは、アメリカ代表史上ワーストの7位に終わったW杯で、左足首捻挫のため2試合のみの出場に終わっていた。それだけに、リベンジの機会を伺っていたことは言うまでもない。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング