専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

ピッペン、ロッドマン、デュマース…“無名大学出身のベストメンバー”はオールスター級の豪華布陣に<DUNKSHOOT>

出野哲也

2021.08.11

ヒル(右下)はやや格が落ちるものの、ピッペンやロッドマン(左)、デュマース(右上)など、無名校出身者限定でもオールスター級の布陣が完成した。(C)Getty Images

ヒル(右下)はやや格が落ちるものの、ピッペンやロッドマン(左)、デュマース(右上)など、無名校出身者限定でもオールスター級の布陣が完成した。(C)Getty Images

 1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとって、NBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを送り出してきた。

 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別に最強メンバーを選出した場合、どんな顔ぶれになるのか。『THE DIGEST』では、双方に精通する識者に依頼し、各大学のベストメンバーを選んでもらった。

 今回は番外編として、“無名校出身のベストメンバー”をお届けする。バスケットボールがあまり盛んではない大学から、突然変異のように現われた屈指の実力者たち。他の名門大学のベストメンバーと比べても決して引けを取らない、オールスター級の布陣が完成した。
 
【ポイントガード】
ジョージ・ヒル(IUPUI)
1986年5月4日生。193センチ・85キロ
カレッジ成績:95試合、平均17.0点、5.8リバウンド、3.3アシスト
NBA成績:815試合、平均11.0点、3.1リバウンド、3.2アシスト

 無名校の定義を、ここでは“NCAAトーナメント(以下トーナメントと省略)出場回数が少ない”、“NBA選手になったOBも数人程度”とする。例えばステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)の母校デイビッドソン大は、有名とは言い難いけれどもトーナメントに14回(カリー入学前に8回)も出ているので、無名とも言えない。

 その点、IUPUIことインディアナ・パデュー大インディアナ校(インディアナ、パデュー両大学が共同で設立)は、トーナメント出場が2003年の一度だけでしかも初戦敗退。NBAに進んだ選手もヒルのみで、“無名度”は断然上だ。

 地元インディアナポリス出身のヒルは、2008年にIUPUI初のドラフト指名選手(26位)としてサンアントニオ・スパーズに入団。シュート、プレーメーキング、ディフェンスのすべてにおいて、派手さはないが信頼度の高い選手として地位を築き、ミルウォーキー・バックス在籍時の2019-20シーズンには、3ポイント成功率でリーグ1位(46.0%)となっている。
 
NEXT
PAGE
1990年前後に覇を競ったライバルがウイングに

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング