専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「IQはアインシュタイン級」のジョーダン、堅実なストックトン&ダンカンーー優れた頭脳を持つ“ベストIQチーム”を厳選<DUNKSHOOT>

出野哲也

2022.09.21

必要な時に最善なプレーを選択したジョーダン(中央)、ストックトン(左)は司令塔、ダンカン(右)はビッグマンのお手本のような選手だった。(C)Getty Images

必要な時に最善なプレーを選択したジョーダン(中央)、ストックトン(左)は司令塔、ダンカン(右)はビッグマンのお手本のような選手だった。(C)Getty Images

 近年のNBAはポジションレス化が進行し、選手には多様性とともにバスケットボールIQの高さも重要視されるようになった。

 もっとも、“バスケットボールIQ”という用語に厳密な定義はない。状況に応じて正しいプレーを選択でき、ボーンヘッドを犯さない選手、といったところか。

『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが、今回は、バスケIQの高い選手たちのベストチームを発表する。

【ポイントガード】
ジョン・ストックトン

1962年3月26日生。185cm・77kg
キャリアスタッツ:1504試合、平均13.1点、2.7リバウンド、10.5アシスト

 コート上の司令塔であるPGは、バスケIQの高さが最も必要なポジションだ。ボブ・クージーからジェリー・ウエスト、マジック・ジョンソン、スティーブ・ナッシュに現役のクリス・ポール(フェニックス・サンズ)まで誰を選んでも不足はないが、通算アシストとスティールのリーグ記録を持つストックトンとした。

 どちらの記録も、正確な判断力がなければ成しえないのは明白。無意味なシュートを打たないのでFG成功率も高率だった。ターンオーバーも少なく、アシスト/ターンオーバー比3.72は通算7000アシスト以上ではポールの3.96に次ぐ。あのデニス・ロッドマンをして「ダーティーな選手」と言わしめたように、レフェリーの隙を突いてフィジカルなプレーを繰り出した狡さも、ある意味IQの高さの証と言える。
 
【シューティングガード】
マイケル・ジョーダン

1963年2月17日生。198cm・98kg
キャリアスタッツ:1072試合、平均30.1点、6.2リバウンド、5.3アシスト

 並外れた身体能力の高さに注目が集まるけれども、史上最高の選手が一流のバスケットボールIQの持ち主でないわけがない。ベテラン記者マーク・J・スピアーズは「ジョーダンのバスケIQはアインシュタイン級」とまで言っている。

 ジョーダンの凄さを表現するときにしばしば使われるのが「周りの選手を成長させる能力」の高さ。自らのサポート役としてスコッティ・ピッペンやホーレス・グラントらを教育し、シカゴ・ブルズの黄金時代を築いた。ミスを連発するようなIQの低い選手では、ジョーダンと一緒にプレーできなかったのだ。

 1997年のファイナル第6戦、ディフェンスを引きつけておいてパスを送り、スティーブ・カーが決めた優勝決定シュートは、誰よりもスコアラー気質が強かったにもかかわらず、必要なときに最善のプレーを選択できたことを示している。
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング