専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

ブラジルメディアがメキシコ戦の日本代表を採点!最低は「2失点の場面で失敗した」吉田と「チャンスをフイにした」鈴木

THE DIGEST編集部

2020.11.18

チャンスを逃した鈴木に対し、『globo.com』は「最高のチャンスをフイにした」と手厳しい評価だ。(C)Getty Images

チャンスを逃した鈴木に対し、『globo.com』は「最高のチャンスをフイにした」と手厳しい評価だ。(C)Getty Images

 オーストリア遠征中の日本代表は11月17日(現地時間)、メキシコ代表との国際親善試合で0-2の敗北。2020年の初黒星を喫し、今年の通算成績は2勝1分け1敗となった。

 パナマ戦のスタメンから9人の選手を入れ替えた日本は、前半は多くのチャンスを作ってメキシコ・ゴールに迫るも、以降は修正してきた相手のプレッシャーに苦しみ、守備を崩されて2点を失った。

 海外メディアの多くは、メキシコを圧倒した日本の前半の攻勢ぶりを高く評価する一方で、そこでゴールを奪えなかったこと、そして攻勢に転じた相手に対して打つ手がなかったことについては、一転して厳しい見方をしている。
 
 ブラジルのメディア『globo.com』は、日本の前半について「驚くほど激しいもの」と評したが、原口元気のミドル、鈴木武蔵の1対1、伊東純也のシュートがいずれもGKギジェルモ・オチョアに止められたことについては、「目新しいことではないが、日本の問題はゴールを決める選手がいないことだ」と綴っている。

 そして後半、「韓国戦では3分間で3点を奪ったメキシコが、今度は5分間で2点を奪った」場面では、「一番のベテランである吉田麻也が短い間隔で2度も対応に失敗して、守備が崩壊した」と断罪し、「濃霧の中で、ボールだけでなく、日本のサッカーも姿を消した」と表現した。

 同メディアはまた、日本の出場全選手に対する採点と寸評を記しているが、今回、最も高い選手でも及第点の「6」(10点満点)止まり。パナマ戦でMVPに選出された遠藤航はそのひとりだが、「前半は好調で攻撃をサポートしたが、後半は困難を抱え、プレーが遅れた」と前後半で大きく評価が分かれている。

 同じく「6」の原口は「順調なスタート、ペナルティーエリア外からのシュートでメキシコを危険に晒し、その後には鈴木に好機も提供。守備では、マーキングにも熱心に取り組んだ」と、こちらは好意的。あとの2人は柴崎岳と酒井宏樹で、前者には「いつもより守備面で積極的だったが、攻撃をもっとサポートできたはず」と注文がつき、後者は「前半の守備は良かったが、後半は苦戦。攻撃を助けられなかった」と評された。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング