専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

ミランからネフチ…本田圭佑の“凋落“を強調する海外メディア。しかしアゼルバイジャンでは“VIP級“の扱い

THE DIGEST編集部

2021.03.17

4年間で5番目の所属先となるネフチで、本田はどんなプレーを見せるのだろうか。(C)Getty Images

4年間で5番目の所属先となるネフチで、本田はどんなプレーを見せるのだろうか。(C)Getty Images

 アゼルバイジャン・プレミアリーグのネフチ・バクー加入が決定した本田圭佑。チームの切り札的存在として、8年ぶりの優勝に向けて、リーグの残り8試合で全力を注ぐこととなった。

 日本人として初の同国リーグの選手という「挑戦」に魅力を感じ、チームとともに野心を持って勝利を目指すと語った彼に対し、クラブの首脳陣らは大きな期待を寄せている。

 しかし、毎年のようにクラブを渡り歩き、昨年はボタフォゴで目立った成績を残せずに契約を途中解除した34歳の実力を懐疑的に見る向きは多く、「商業目的の移籍」と捉え、クラブの姿勢を批判する現地メディアも少なくない。

 また、欧州5大リーグ(セリエA)の名門クラブ(ミラン)で背番号10をつけたことは、欧州では大きなブランドとして尊敬や羨望の対象となっているが、それだけに、そのような「スタープレーヤー」がアゼルバイジャンというサッカー界における小国に舞い降りたことは、「凋落」などといったネガティブな捉えられ方をするのはある意味、仕方のないことだろう。
 
 ギリシャの『SPORTS365』もそういった見方をしているメディアのひとつで、「ミラノからアゼルバイジャンへ――本田は下り坂を進む」と題した記事で、日本のベテラン選手の移籍を報じている。

「ミランやCSKAモスクワでキャリアを積んだサッカー選手として知られる本田は、しかし適切な継続性がなかったため、どの土地でも落ち着くことができなかった。結果、栄光のキャリアは下り坂となり、最終的に遠いアゼルバイジャンに辿り着いた。そこでのリーグは、言うまでもないが、ハイレベルなものではない」

 今冬にPAOKに加入した香川真司については「素晴らしいクオリティ」と称賛する同メディアはまた、本田がボタフォゴでプレーするために滞在するも、すぐに欧州に戻ったと綴り、ミランを退団した2017年以降、すでに4つのチームでプレーし、ネフチは4年間で5番目の所属先になると記述(ポルティモネンセは除く)。さらに、ミラン時代のプレー動画を公開して都落ち感を強調した……。
 
NEXT
PAGE
16日にはサッカー連盟の副会長、駐アゼルバイジャン特命全権大使と会見

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング