専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

智将ペケルマンの教え子たちは貧困層を救う模範に?サビオラらアルゼンチンの“黄金世代”の今に迫る

チヅル・デ・ガルシア

2022.02.22

ペケルマンの薫陶を受けたサビオラ(中心)、ダレッサンドロ(右)、マキシ(左)といった面々は、いまどこで何をしているのだろうか。(C)Getty Images

ペケルマンの薫陶を受けたサビオラ(中心)、ダレッサンドロ(右)、マキシ(左)といった面々は、いまどこで何をしているのだろうか。(C)Getty Images

 今年1月から、ハビエル・マスチェラーノ(37歳)が、U-20アルゼンチン代表監督として新しいキャリアをスタートさせた。

 それまで指揮してきたフェルナンド・バティスタが、昨年11月末にベネズエラ代表監督になったホセ・ペケルマンのもとでアシスタント・コーチとなったために退任。その後任として、「へフェシート」(マスチェラーノの愛称で“小さなボス”の意)が抜擢された。

 これをもってアルゼンチン代表は、2017月から指導を務めるU-15代表監督のディエゴ・プラセンテ(44歳)とU-17代表のパブロ・アイマール(42歳)、2018年からA代表監督を任されたリオネル・エスカローニ(43歳)、そして2020年からゼネラル・コーディネーターを務めるベルナルド・ロメオ(44歳)を含め、全ての指揮が「ペケルマン・ボーイズ」の手に託される形となった。

 智将ペケルマンの教え子として、アルゼンチン・ユースに黄金期をもたらした彼らが、育成世代を含む代表チームの再建と強化に取り組むプロジェクトは非常に魅力的で、興味は尽きない。だが、マスチェラーノのU-20代表監督就任と同時に気づいたことがあった。この指導陣のなかには、2001年U-20ワールドカップ(W杯)の優勝メンバーが含まれていないのだ。
 

 自国開催となったU-20W杯を制覇したあのチームは、まさに個性派集団。当時はそれを巧みにまとめ上げたペケルマンとそのスタッフたちの手腕が称えられた。それと同時に天賦のリーダーシップを持った選手が多く、指導者としての素質を兼ね備えた人材が揃っているとも評された。

 ところが、実際のところ、本格的に指導者のキャリアを始めたのは、現時点ではレアンドロ・ロマニョーリ(40歳)のみなのだ。では、他のメンバーは今、いったい何をしているのだろうか。

 今回は黄金世代と言われたメンバーから、現役時代に欧州のクラブでプレーし、A代表としてW杯にも出場した何名かの「今」を紹介したい。

 まず、つい昨年まで現役として第一線でプレーを続けていた猛者たちをクローズアップする。マキシミリアーノ・ロドリゲス(41歳)、レオナルド・ポンシオ、ファブリシオ・コロッチーニ(ともに40歳)、そしてヘルマン・ルクス(39歳)だ。

 4人とも欧州でのキャリアを終えてからアルゼンチンに戻り、持ち前の主導力からチームの中核となり、30代後半に突入してからも熟練したプレーで観るものを楽しませてくれた。派手さこそなかったものの、ピッチ内外で若い選手たちの手本となり、アルゼンチン国内のサッカーを支え、盛り上げてくれた真の大物だったように思う。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング