専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

鮮烈2発を決めた南野拓実の「信じられない」スキルの高さに絶賛の嵐! 闘将キーンも「称賛に値する」とべた褒め

THE DIGEST編集部

2022.03.04

昨年9月に行なわれたリーグカップ3回戦でも技術力の高さをアピールした南野。(C)Getty Images

昨年9月に行なわれたリーグカップ3回戦でも技術力の高さをアピールした南野。(C)Getty Images

 またしても、大仕事をやってのけた。現地時間3月2日に行なわれたイングランドFAカップ5回戦、ノーリッジ・シティ戦で、リバプールの南野拓実が2ゴールを上げ、チームの2-1での勝利に貢献した。

 類まれなスキルを遺憾なく発揮した。27分に相手ゴール前でのディボック・オリギの落としを、エリア内でワントラップからの素早いシュートで先制ゴールをゲット。さらに39分にも、CKから流れてきたボールをコントロールすると、至近距離から豪快に蹴りこんだ。

 いずれも、ストライカーとしてのスキルの高さを感じさせるゴールだった。無論、指揮官をはじめ多くの称賛の声が寄せられている。

 英紙『Daily Mail』は、「クロップは『水曜日のノリッジ戦がリバプールでのベストゲームだった』と語り、南野をカナリーズ(ノーリッジの愛称)にとって『絶えることのない脅威』だと表現した」と、指揮官であるユルゲン・クロップの総評を紹介した。

「タキは技術的に信じられないほど高いレベルにあった。だが、驚くことはなかった。我々は彼がどれほど優れているかを知っている。それを表現してくれてよかった」
 
 南野は昨年9月のリーグカップ3回戦でもノーリッジから2ゴールを記録しており、指揮官の言葉通り今回も大きな脅威となって同じ相手を沈める結果となった。

 また、これまでリーグ戦での出場機会は多くはないものの、カップ戦では極めて重要な場面で得点を記録している。限られたなかで、自身の持ち味である勝負強さを発揮してきている点は実に興味深い。

 27歳のサムライを称えるのは、指揮官だけではない。南野とともにフル出場を果たしたベテラン、ジェームス・ミルナーは、「彼の忍耐強さ、辛抱強さは凄い。彼はトレーニングからゲームへの姿勢まで、全てが素晴らしい。本当にうれしいよ」と絶賛。さらに元アイルランド代表MFで、英衛星放送『Sky Sports」で解説を務めたロイ・キーンは「彼の貢献は大いに称賛に値する」と感想を語っていたと伝えている。

 この勝利により3月19日の準々決勝進出を決めたリバプール。リーグカップ獲得に続くタイトルに向け、頼もしさを増している南野拓実のさらなるゴールに期待したい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】南野拓実の移籍は「理に適っている」! 英メディアがリーズ入りを推挙する理由は、智将ビエルサの後を継ぐ男に?

【関連記事】「予想外の形で現れた」岡崎慎司の華麗なオーバーヘッドを地元メディアが激賞!「古巣マラガを凍り付かせた」

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング