専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

「オフサイド・トリック」でハット達成の古橋亨梧に「完璧なショー」と現地メディア激賞! 「10点満点」をつける地元紙も

THE DIGEST編集部

2022.08.29

ダンディー・U戦でハットトリックを達成した古橋。開幕からリーグ戦4戦連発、計6得点の荒稼ぎだ。(C) Getty Images

ダンディー・U戦でハットトリックを達成した古橋。開幕からリーグ戦4戦連発、計6得点の荒稼ぎだ。(C) Getty Images

 8月28日、スコットランド・プレミアシップ第5節が行なわれ、セルティックはダンディー・ユナイテッドに9-0と圧勝し、開幕からの全勝をキープした。

 4連敗中と不調の相手の本拠地に乗り込んだセルティックは、先にピンチを迎えたもののリードも先に奪う。15分、カウンターからジョッタの完璧なクロスを受けてゴール左隅に突き刺したのは、ここまで3戦連続で先制ゴールを挙げていた古橋亨梧。これで勢いに乗ったストライカーは、40分にルーズボールをペナルティエリアの外から叩いて2点目、さらにアディショナルタイムにはリエル・アバダの折り返しをダイレクトで詰め、前半だけでハットトリックを達成してみせた。

【動画】「完璧なショーだった」古橋亨梧がハットトリックを達成したダンディー・U戦
 セルティックの猛攻はこれに止まらず、前半のうちにジョッタが右からのクロスを押し込んで4点目、後半に入って55分に綺麗な崩しからアバダが決め、その5分後にはFKから古橋に当たってはね返ったところを、ヨジップ・ユラノビッチが拾ってゴール右隅に叩き込んで6点差とする。アバダは59分に旗手怜央、77分に交代出場の前田大然のアシストを受けて、こちらもハットトリックを達成。そして81分にCKをカール・スターフェルトが頭で合わせてゴールショーを締めた。

 昨年8月8日のダンディーFC戦以来となる1試合3ゴールを決めた古橋は、『Celtic TV』のインタビューで「この数試合では1ゴールだけでしたが、今日は3点を挙げられました」「何よりもまず、チームが9点を挙げ、自分もゴールを決められたことを嬉しく思いますが、それはチームメイトが良いパスを出してくれたからであり、もっと多く決められたと思います」と謙虚な姿勢で試合を振り返り、以下のようにも語っている。

「素晴らしい結果であり、我々がこれまで取り組んできたことが表現できました。今後、より一生懸命にやって、良い結果を出し続けたいです」

「我々は、それぞれの試合に集中する必要があります。そして、ファンに試合を楽しんでもらうためにも、良い結果を出し続けたいです」

「まだまだ我々には改善すべき点があり、やるべきことも多くあるので、ハードワークを続けていきます」
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング