専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

「フライブルクのベストプレーヤーだ!」EL初戦で鮮烈弾の堂安律に多方面から賛辞! 指揮官は「非常に勤勉」と姿勢も称賛

THE DIGEST編集部

2022.09.10

ブンデスリーガだけでなく、ELでもゴールを決めた堂安。序盤戦で好調なスタートを切っている。(C) Getty Images

ブンデスリーガだけでなく、ELでもゴールを決めた堂安。序盤戦で好調なスタートを切っている。(C) Getty Images

 現地時間9月8日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージが開幕し、グループGではフライブルクが2-1でアゼルバイジャンのカラバフ相手に逆転勝利を飾った。

 試合は開始7分で動き、ホームのフライブルクがCKでの混戦の中で得たPKをヴィンチェンツォ・グリフォが決めて先制、さらに15分には堂安律が右サイドからのカットインで相手選手を3人かわしたところで、ゴール左隅に見事なシュートを突き刺して加点。しかし、39分にアウェーチームの強烈なミドルを食らって1点を返される。その後、幾度も決定機を与えたが、これをしのいで逃げ切りに成功した。

【EL動画】堂安律がまるでロッベンのようなカットインからの左足“豪快弾”!
 素晴らしいテクニックで決勝点を挙げた堂安は、5日前のブンデスリーガ第5節レバークーゼン戦(3-2)に続いて公式戦2試合連続で勝利の最高殊勲者となった。試合後、自身のSNSでゴール場面などの写真を公開して「素晴らしいELのスタート」と投稿した背番号42に対し、クラブは公式サイトで「9分にクリスティアン・ギュンターの鋭いクロスからの好機を決め損なったが、その6分後、日本人選手はより上手くプレーできることを証明した」と伝えている。

 現地メディアの報道を見ると、日刊紙『BILD』は1~6の採点で最高の「1」を堂安に与え、寸評では「再び守備をくぐり抜け、見事なゴールを決めてチームに2点目をもたらした。ELで5試合目を迎えた彼にとって、これが最初のゴールだった。フライブルクにおけるベストな選手だ」と絶賛。また、この記事の見出しを「フライブルクのスターである堂安が、全ての選手の上でそびえ立つ」と綴った。

 サッカー専門誌『Kicker』は、「9分に至近距離からゴールを逃したが、この攻撃的な選手は、わずか6分後に失われた時間を取り戻した。スピーディーなドリブルの後、堂安はボールをファーサイドの隅に流し込んで2-0とした」と綴って、「最初は拙かったが、次第に上手くいくようになった」とまとめている。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング