専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

破壊力の大坂なおみか、全能性のバーティーか?全米オープンで新たなライバル物語が口火を切る<SMASH>

内田暁

2021.08.31

全米オープン連覇が期待される大坂なおみ。ライバルとして立ちはだかるのはNo.1のバーティーか?女子テニスの新章が始まる。(C)Getty Images

全米オープン連覇が期待される大坂なおみ。ライバルとして立ちはだかるのはNo.1のバーティーか?女子テニスの新章が始まる。(C)Getty Images

 昨年は無観客での開催だった全米オープンテニスが、ワクチン接種完了を条件とするとはいえ、今年は観客をフルに入れて開催する。

 ツアー再開から約1年が経ち、テニス界がかつての姿へ戻りつつあることを祝う意味合いも、本来なら強く帯びる今季最後のグランドスラム。だが開催を迎え、飛び込んでくるのはスター選手たちの欠場の報だ。

 男子ではラファエル・ナダルにロジャー・フェデラー、そして昨年の優勝者のドミニク・ティームまでもがケガで欠場。

 女子の方で何よりファンを失望させたニュースは、セレナとビーナスのウィリアムズ姉妹……とりわけ、セレナの欠場だ。グランドスラム獲得数は23を数え、マーガレット・コートの持つ史上最多記録に肩を並べるまで、残り1と迫っている。

 だが9月26日に40歳を迎えるレジェンドに、残された時間が少ないのは誰もが感じている現実だ。もしかしたら、もうニューヨークでセレナを見ることはないのかもしれない……そんな哀切感の払しょくを期待されるのは、やはり昨年の優勝者にしてセレナの後継者と目される、大坂なおみだろう。
 
 その大坂を筆頭に、今季の女子テニス界は3人の異なる優勝者が生まれた状態で、最後のグランドスラムとなる全米オープンを迎える。もちろん3人の優勝者は、それぞれ独自の物語と夢を成就し頂点に立った、掛け値なしのチャンピオンだ。

 全仏女王のバルボラ・クレイチコワは、亡き師ヤナ・ノボトナとの誓いが観客の涙を誘った。ウインブルドンを制したアシュリー・バーティーは、幼少期から見続けた夢とオーストラリア先住民の系譜が壮大な叙事詩をつづる。また大坂に関しては、全仏での会見拒否とその後の棄権という決断、そして選手のメンタルヘルスを訴えた発言が物議をかもした。

 それら語られた話題はいずれも、個の魅力に依拠したテニスの豊かさを浮き彫りにする。ただ一方で、決勝戦や特定の選手間の関係性が語られなかった事実は、“ライバル関係”という、スポーツが有する最大の物語が欠如していることを突き付けた。それは女子テニス界が、ここ何年間も求め続けてきたテーマでもある。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング