専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

新日本『G1』飯伏幸太が2連覇達成!蝶野正洋、天山広吉に続く3人目の快挙「あとはIWGPを獲るだけ」

どら増田

2020.10.18

2年連続優勝した飯伏幸太。(C)新日本プロレス

2年連続優勝した飯伏幸太。(C)新日本プロレス

 新日本プロレスは18日、最強戦士決定戦『G1クライマックス30』優勝決定戦を東京・両国国技館で開催した。

 今年の決勝は史上初の3年連続決勝進出を果たし、昨年優勝しているAブロックの飯伏幸太と、IWGP二冠王者の内藤哲也、前王者のEVILを倒して決勝進出を決めたBブロックのSANADAが対戦。新日本でデビューしてない日本人選手同士の決勝は初めてとなった。

 まず30回記念ということで、第1回大会優勝者の蝶野正洋が入場テーマ曲に乗って入場。「きょうの決勝戦は特別な試合です。2020年、新型コロナウイルスでみんな苦しんでます。新日本プロレスはwithコロナ…行動と勇気を教えてくれました。新日本プロレスOBを代表し、G1クライマックスOBを代表し感謝します。ガッデムG1!きょうの決勝戦、勝ち残った2人の戦士に、勇気を!」とコメントし実況席へ。

 試合は序盤の5分はグラウンドの攻防を展開。飯伏はSANADAの左腕狙い。張り手合戦からエルボー合戦に発展するが、お互いに一歩も引かない。SANADAの強烈なエルボースマッシュに、右のローキックで対応する飯伏。あっという間に10分が経過。SANADAは飯伏が痛めている左足を攻める。
 
 10分が経過してからは、お互いに得意としている立体殺法を織り交ぜながら、ハイレベルな攻防がノンストップで繰り広げられる。SANADAが左足にドロップキックを放つと、飯伏はラリアット。SANADAはタイガースープレックスからTKOを決めて、スイング式ドラゴンスリーパーからSkull Endへ。落ちたと判断したSANADAはトップロープに登りラウンディング・ボディプレスをしかけるも飯伏がかわして30分経過。

 飯伏はハイキックからボマイェで攻撃するがカウントは2。SANADAは飯伏の背面にラウンディング・ボディプレスから、正調ラウンディング・ボディプレスを放つが飯伏の剣山が。飯伏の人でなしドライバーからは、カウント2。SANADAは丸め込みを連発し、オコーナーブリッジも飯伏は返す。飯伏はハイキックから膝蹴り、カミゴェもカウントは惜しくも2。ならばと飯伏は再度カミゴェを決めて、カウント3で激戦を制した。試合時間35分12秒は『G1』史上最長記録。蝶野正洋、天山広吉に続く史上3人目の連覇を達成した。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング