専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
ラグビー

計46人がコロナ陽性、トップリーグ開幕節2試合が中止に。太田チェアマン「ラグビーでの濃厚接触は非常に稀」

齋藤龍太郎

2021.01.13

昨年の開幕戦、東芝対サントリーの様子。今年は既に2試合の中止が発表された。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

昨年の開幕戦、東芝対サントリーの様子。今年は既に2試合の中止が発表された。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 1月16日(土)に開幕を控えているジャパンラグビートップリーグ(以下トップリーグ)。世界的に見てもレベルが向上している日本最高峰リーグの始まりを多くのファンが心待ちにしていた中、新型コロナウイルスの影響で第1節の2試合が中止されることが日本ラグビー協会から発表された。

 中止の決定が下されたのは、16日(土)のトヨタ自動車ヴェルブリッツ対サントリーサンゴリアス(愛知・豊田)と、17日(日)のリコーブラックラムズ対キヤノンイーグルス(東京・駒沢)。新型コロナウイルス感染症の陽性者がトヨタ自動車に13名、サントリーに7名、キヤノンに24名確認され、いずれも試合開催に必要な体制が整わないことから中止が決まった。なお、この2試合の代替試合は行われず引き分け扱いとなり、規約に基づき両チームに勝ち点2ずつが加算されることも併せて発表された。

 また、中止の決定には至っていないものの、16日(土)に国立競技場でのNTTコミュニケーションズ シャイニングアークスとの開幕戦を控えている東芝ブレイブルーパスも2名の陽性者、5人の濃厚接触者が確認されたことを発表した。
 
 トップリーグの太田治チェアマンは12日(火)に急遽オンライン会見を開き、冒頭から「楽しみにしていだいていたファンのみなさんに申し訳ない。政府の方針のもと新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインを設けるなど各チームとともに開幕の準備をしてきたが、あらためてコロナの脅威を感じている。感染した選手たちの一日も早い回復を祈っている」とコメントした。

 陽性者や濃厚接触者の人数について、太田チェアマンは「各チームの検査でこのような結果が出た。現時点でこちらが把握しているのも各チームが発表している最新の数字。今週木曜(14日)までに各チームの検査結果の連絡を受けて発表したい」とさらなる情報公開の意思を示した。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング