専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

春高バレーで“ダイヤの原石”を発見!次世代の日本代表を担う注目株を一挙紹介!

THE DIGEST編集部

2021.01.16

東福岡の優勝に貢献した柳北悠李がスパイクを放つ様子。写真:産経新聞社

東福岡の優勝に貢献した柳北悠李がスパイクを放つ様子。写真:産経新聞社

 男子は東福岡(福岡)が5大会ぶり3度目、女子は就実(岡山)が25大会ぶり3度目の優勝で幕を閉じた全日本バレーボール高等学校選手権大会。通称「春高」と呼ばれる高校生バレーボール選手にとって最大の大会で、優勝した両校はもちろんだが将来の活躍が期待される選手も数多くいた。

 まず男子では東福岡の優勝に貢献し、大会の最優秀選手にも選出された柳北悠李。192cmとそれほど目を引く高さではないが、最高到達点345cmのジャンプ力とパワフルなスパイクが持ち味だ。自己管理が苦手で、緊急事態宣言で練習ができなかった自粛期間を終えて集合した際、ベスト体重を15kg近く上回る102kgで現れ監督や、チームメイトを唖然とさせたというが、それも大物の証。3回戦の福井工大福井、準々決勝の高松工芸、準決勝の清風、決勝の駿台学園との強豪対決が続く中、ブロックの上から叩き込むスパイクは切れ味を増した。精神面の成長がまずは課題となりそうだが、U18日本代表ではエースも務めており、攻撃力では即戦力の期待も高い選手だ。
 
 もう1人、今大会で注目を集めたのが2年生の牧大晃(高松工芸)だ。何といっても魅力は2m10cmと高校生のカテゴリーを超えた日本トップクラスの高さ。高校では目先の勝利を優先し、190cmを超える大型選手はミドルブロッカーとしてブロックの要を担うケースが多い中、牧は日本代表の石川祐希や柳田将洋と同じアウトサイドヒッターとしてサーブレシーブもこなす。将来を見据え、高松工芸の淵﨑龍司郎監督がスパイク力だけでなくレシーブも重視している成果も現れており、牧自身もサーブレシーブをしてから攻撃に入るのを得意としている。

 現在Vリーグのサントリーサンバーズに在籍し、ロンドン五輪の金メダリストでもあるロシア代表2m18cmのオポジット、ドミトリー・ムセルスキーのように、1つのポジションに限らずゆくゆくは世界で活躍する器用な大型選手になるのも夢ではない。まさに日本の未来を描くうえで、大きな宝であるのは間違いない。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング