専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「イノウエは獣だ!」井上尚弥の豪快な左ボディーKOに現地記者も驚嘆!「全く別物。残忍なショットで…」

THE DIGEST編集部

2021.06.20

かつて苦手としていたサウスポーをものともしなかった井上。その強さを現地記者たちも称えている。(C)Getty Images

かつて苦手としていたサウスポーをものともしなかった井上。その強さを現地記者たちも称えている。(C)Getty Images

 長身サウスポーにも一切動じなかった。

 現地時間6月19日、ボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋ジム)は、ラスベガスのバージン・ホテルズ・ラスベガスで、IBFバンダム級1位のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)と対戦。3度のダウンを奪って3回TKO勝ちを収めた。
【動画】ダスマリナスが苦悶の表情に…井上尚弥が炸裂させた左ボディーでのKOシーンはこちら

 下馬評通りの完勝だった。170センチの長身サウスポー、ダスマリナスも井上は苦にせず、初回から左フックをヒットさせるなど優位に立つ。そして2回に左フックでダウンを奪うと、左ボディー中心に攻めた3回には、強烈な左ボディブローで2度目のダウン。そして、立ち上がった相手にふたたび左ボディブローを炸裂させて雌雄を決した。

 試合後、「早い回でいけるのかなと確信を持てました」とコメントし、余裕も感じさせた井上。キャリア戦績を21戦無敗(18KO)とした最強“モンスター”の傑出したパフォーマンスに現地記者たちも驚嘆している。
 
 試合中継を担った米放送局『ESPN』のブレット・オカモト記者は、「ナオヤ・イノウエは全く別物だ。残忍なショットで倒した」とKOシーンを回想。さらに米新興メディア『The Athletic』のマイク・コッピンジャー記者も「彼はパウンド・フォー・パウンドでも世界2位の実力がある。これは間違いない」と断言し、井上の強さを強調した。

 また、世界のあらゆる格闘技の情報を日夜発信しているアリエル・ヘルワニ記者も、その圧倒的な強さに賛辞を送った。

「彼はあらゆることをやった。イノウエは獣だよ」

 世界中から期待が注がれ、プレッシャーのかかるなかでも、明確に己の強さを示した井上の力は、この階級では一つ抜けている感もある。今後は4団体統一に向けて、一気に突き進むことになりそうだ。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】ダスマリナスが苦悶の表情に…井上尚弥が炸裂させた左ボディーでのKOシーンはこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング