専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

スケボー女子の13歳、西矢椛が金メダル獲得! 岩崎恭子を抜いての“日本史上最年少記録”を更新【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.07.26

西矢は大会前の宣言通りに金メダル獲得した。(C)Getty Images

西矢は大会前の宣言通りに金メダル獲得した。(C)Getty Images

 7月25日に行なわれたスケートボード・ストリート女子で、日本の西矢椛が堂々たる滑りで優勝。オリンピック初種目となった今大会で、見事に初代チャンピオンになった。

 13歳の若きヒロインがやってのけた。

 トリックと呼ばれる技の難度やスピード、演技構成などを競う同競技。その予選で4点台を2つそろえた西矢は、中山楓奈と西村碧莉とともに臨んだ決勝でも圧巻のスケーティングを披露。ライッサ・レアウ(ブラジル)ら世界のライバルたちとの熾烈な争いを制した。
 
 大会前には、「世界で知らない人がいないくらい有名になりたい。笑顔で楽しく滑って、金メダルを獲りたい」と意気込んでいた西矢。13歳10か月のメダル獲得は1992年バルセロナ大会競泳女子200メートル平泳ぎで優勝した岩崎恭子の14歳6日を抜き、日本史上最年少記録だ。

 なお、16歳の中山は銅メダルを獲得。19歳の西村も全体8位と健闘。若き日本のスケーターたちが躍動した。

構成●THE DIGEST編集部
【東京五輪PHOTO】随時更新! 東京オリンピックで輝いた「日本人メダリスト」を一挙紹介

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング