専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
食と体調管理

「1日に10回、20回と体重計に乗ることも」。レジェンド葛西紀明も苦戦する、ジャンプ競技における体重管理

THE DIGEST編集部

2021.12.01

史上最多となる計8回の五輪出場を果たすレジェンドも減量には苦しんでいるという。写真提供:土屋ホーム

史上最多となる計8回の五輪出場を果たすレジェンドも減量には苦しんでいるという。写真提供:土屋ホーム

 明日への一歩を応援する「Do My Best, Go!」。第13回に登場していただくのは、まさに「レジェンド」の呼び名がふさわしい、スキージャンプの葛西紀明選手です。50歳目前ながら監督兼選手として活躍し続ける気力や体力を支えているものは何なのか。還暦ジャンパーを目指す葛西選手に、食生活やコンディションづくりについて伺いました。

――葛西選手の少年時代について教えてください。

 小学1年くらいまでは体が弱くて、毎日のように病院に通っていました。それで何かスポーツを始めたほうがいいだろうということで、マラソンを始めたんです。それからどんどん体も強くなって、気が付いたら下川町で一番足の速い男の子になっていました(笑)。

 それからどんなスポーツも好きになって、サッカーも野球もやりましたね。当時はゲームなどもないので、釣りをしたり、ザリガニやカエル、サンショウウオを獲ったり。クワガタなんて夏休みに100匹くらい獲っていました。親父に連れられて、しめじや落葉きのこ採りもしていました。北海道でよくとれるんです。

――ジャンプとの出会いはいつ頃でしたか?

 友達に誘われて、小学校3年の時に初めてジャンプを飛びました。クロスカントリーのスキーをやっていたんですが、そのスキー場にジャンプ台が4台もあったんです。最初は怖かったし、ジャンプになりませんでしたが、だんだんバランスが分かってきて着地も立てるようになると、友だちと競い合うようになりました。それが楽しくて、ジャンプにのめりこんでいきました。

 最初はアルペンのスキーで飛んでいたんですが、僕の2つ年上の岡部孝信さんにジャンプスキーを履いて飛んでみろと言われて。すぐに慣れて、小学校3年生のうちに50メートル級まで飛べるようになりました。初めてから半年で、下川町のジャンプ台はすべてクリアしましたね。

――独学で始めたんですか?

 最初の頃は、そうでした。スキー場の管理人の監視をかいくぐって、こっそり飛んでいたんです。親に内緒で下川町町民スキー大会に出て銀メダルを獲ってから、それを見ていた少年団のコーチが家に親を説得してくれて、それから少年団に入りました。

次世代の選手へのエールや一問一答、今食べたいレシピ等、未公開インタビュー公開中!

NEXT
PAGE
「3日間一切食べずに、水とブラックコーヒーだけで減量するんです」

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング