専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

「F1キャリアの足場を固めるシーズン」角田裕毅の2022年を専門メディアがポジティブに展望!表彰台の可能性も示唆

THE DIGEST編集部

2022.01.24

昨シーズンの最高成績が4位の角田にとって、次なる目標は表彰台だろう。(C)Getty Images

昨シーズンの最高成績が4位の角田にとって、次なる目標は表彰台だろう。(C)Getty Images

 間もなくF1での2シーズン目に向けて始動することになる角田裕毅。アップダウンに富んだルーキーイヤーを経て得た自信と経験を武器に、真価を問われる1年に臨むことになる21歳の日本人ドライバーには、世界中から注目が注がれている。

【動画】自己最高の4位フィニッシュを飾った角田裕毅のオンボードカメラ映像

 多くの海外メディアも角田を取り上げており、昨季については「期待に応えたとは言えないが、今後に向けて可能性を示した」といった見方を示しているところが大多数であり、2年目のシーズンについてはF1に留まれるかどうかの分岐点となると見ているようだ。

 アメリカの自動車専門誌『ROAD & TRACK』は各ドライバーの2022年を予測する記事の中で、角田については「安定し、より一貫したパフォーマンスを発揮できる能力を備えたドライバーであることを証明するのに十分な時間がある」とポジティブな展望を示している。

 同メディアは彼の昨季について、「ほとんどの若いルーキーたちがそうであるように、ツノダは経験あるチームメイトについていくのに苦労した。ピエール・ガスリー(110点)の3分の1以下(32点)のポイント獲得に止まり、予選では平均で0.5秒差をつけられた」とかなり厳しく振り返る。

 しかし、来る2022シーズンに向けては「ガスリーを捕らえることはできないかもしれないが、F1での1年の経験は、ツノダがギャップを埋めるのに大いに役立つだろう。彼はまだ21歳とグリッド上での最年少ドライバーである。下部カテゴリー(F3、F2)で過ごした時間の少なさを考えると、この年齢でトップカテゴリーのシートに座った時間は、彼のキャリアにとっても非常に有利なものとなるだろう」と楽観的だ。
 
 また同メディアは、ジョージ・ラッセル(F1デビュー時のチームはウィリアムズ)、シャルル・ルクレール(同ザウバー)、ミック・シューマッハー(同ハース)といったドライバーとは異なり、角田がルーキーイヤーで早くも強いプレッシャーを受けながら、実績と経験のあるチームメイトとの対決を強いられたことが、彼を苦しめた一方で、後に成功するための多くのチャンスを与えると主張し、「新シーズンも同じ環境で1年を過ごすことにより、F1キャリア構築に向けてしっかりとした足場を固めるだろう」と予想した。

 新たなレギュレーションが施行される中で、アルファタウリが適応に苦労して車のポテンシャルを落とすようなことがなければ、角田には昨季クリアすることができなかった「安定してポイントを獲得し続ける」という課題が再度つきつけられると指摘する同メディアだが、昨季最終戦のアブダビ・グランプリで4位入賞を飾った日本人の可能性を認め、表彰台もあり得るとし、「シーズン前半でそれを達成できれば、あらゆる周囲からの疑問を払拭できる」とも綴っている。

 アルファタウリのフランツ・トスト代表も、2年目の日本人に対して「最初は熟していない果実をかじる必要がある。しかし、ユウキは経験を積むにつれてより多くのポイントを獲得するだろう。2022年に収穫が得られると信じている」(専門メディア『RN365』より)と期待を寄せているが、これらに対して角田はどのようなパフォーマンスと結果で応えるのか。シーズンの開幕が待ち遠しい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】2022年のF1年俸ランキングを専門メディアが発表!「最高額」ハミルトンに対して「最低額」角田裕毅は今季も50分の1以下に

【関連記事】もし今、ハミルトンが引退したら誰がメルセデスに!? 英国専門メディアが“仮定のテーマ”で候補ドライバーを選出

【関連記事】沈黙を保つF1前王者のハミルトン、弟は「少し休憩をとっているだけ」と明かす。リカルドはフェルスタッペンとの争いに“羨望”を隠さず

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング