専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「イノウエに賛辞を送りたい!」米名トレーナーがドネアからの“挑戦状”を受け入れた井上尚弥を激賞「才能がずば抜けている」

THE DIGEST編集部

2022.05.19

前回対戦でも壮絶な打ち合いを演じた両者。それを制した井上が、この再戦に向けて示した決意には賛辞が集まっている。(C)Getty Images

前回対戦でも壮絶な打ち合いを演じた両者。それを制した井上が、この再戦に向けて示した決意には賛辞が集まっている。(C)Getty Images

 激闘の幕が開けるゴングまで3週間を切った。来る6月7日にさいたまスーパーアリーナで行なわれるボクシングWBA・IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥とWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)の同級3団体統一戦だ。
【動画】井上尚弥が前戦でドネアに放った強烈なボディーショットをチェック!

 ボクシング界にとっても重要な一戦となる。3年前に行なわれたワールドボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝ではフルラウンドまで及んだ死闘の末に、井上が判定勝ち(3-0)を収めて世界の頂に立った。そんな両雄がついにリマッチを果たすのである。

 米放送局『ESPN』での全米中継も決定し、世界的な注目度が高まっている。そんな一戦には当人たちも闘志を燃やしている。井上は自身のツイッターで「素晴らしいイメージと動きが出来てる。期待を超えてみせる」と意気込み、順調な調整ぶりをアピール。かたやドネアも「イノウエを倒す自信がある」と宣言。前回対戦のリベンジを誓っている。

 この先のバンタム級の王座戦線に大きな影響をもたらすであろう一戦については、さまざまな意見が寄せられている。そのなかで興味深い見解を示したのは、アメリカ・ボクシング界の名トレーナーであるスティーブン・エドワーズ氏だ。

「ブレットマン」の異名を持ち、これまでも数多の選手育成に携わってきた同氏は、米ボクシング専門サイト『Boxing Scene』で実施された読者とのQ&A企画に登場。井上とドネアのリマッチについて、「この闘いはイノウエが制するだろう。10歳以上も若いのは大きい」と持論を展開し、こう続けた。
 
「イノウエはただ若いだけじゃなくて、ドネアと同じぐらいのスキルを兼ね備えていて、才能もずば抜けている。だから、彼が勝利を私は予想する」

 井上の勝利を断言した同氏は、そのうえでこのリマッチを引き受けた“モンスター”のメンタリティーを絶賛した。

「私は正直言って、再戦を引き受けたイノウエに賛辞を送りたいね。彼のような立場になると、普通は一度勝った相手との試合を毛嫌いして引き受けたがらないんだ。リベンジを狙うノニトにさらなる力が生まれかねないからね」

 最後には「もう力を出し尽くすような打ち合いが見たいね。どちらもまるで殺し屋だ。謙虚だけど、内に秘めているのは獰猛なモンスターだ」したエドワーズ氏。はたして、運命の大一番は彼が期待する「打ち合い」となるのか。その行方には世界が熱視線を送っている。

構成●THE DIGEST編集部

【井上尚弥PHOTO】21勝18KO無敗の最強王者!世界が恐れる"モンスター"の厳選ギャラリー

【関連記事】井上尚弥も「簡単じゃない」と認める階級上げに苦戦!? それでもカネロの闘志は消えない「他人が恐れる挑戦がしたい」

【関連記事】“新”WBO王者バトラー、カシメロ陣営を「ルールを知らないは通じない」と辛辣非難! 井上尚弥戦には「名誉」と闘志
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング