専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
ゴルフ

「マツヤマは感謝すべきだ」スペイン人ゴルファーの“紳士的行動”に米識者が見解「カメラによってはペナルティーだ」

THE DIGEST編集部

2022.08.20

松山(右)の窮地に咄嗟に助け舟を出したのが、ライバルのラーム(左)だった。(C)Getty Images

松山(右)の窮地に咄嗟に助け舟を出したのが、ライバルのラーム(左)だった。(C)Getty Images

 会場に居合わせた観客からも拍手が起きた。

 競技後も小さくない話題となっているのは、現地時間8月19日に米デラウェア州のウィルミントンCC(7534ヤード、パー71)で行なわれた男子ゴルフのプレーオフ第2戦・BMW選手権での一幕だ。

 この日、34位で出た松山英樹(LEXUS)が7番のパー3を迎えた場面だった。第1打をグリーン右前のラフに打ち込むと、ボールはバンカーの縁に。その場でスタンスを取るのも困難な位置についたため、30歳の日本人も少し離れた位置で素振りをするなど、慎重な振る舞いを見せた。

 その時に“事件”は起きる。あろうことか松山が素振りをした拍子にボールがバンカーに転がり落ちてしまったのである。

 通常、素振りが球を動かす原因となった場合、ゴルフ規則9.4が施行され、1罰打を加えて元の位置に戻す必要がある。そのため、すかさず競技員は「なぜボールが動いているんだ?」と質問。松山もやや慌てた様子で身振り手振りをしながら状況を説明した。
 
 そこに“助け舟”を出したのが、同組で回っていたライバルのジョン・ラーム(スペイン)だった。競技員のもとに歩み寄った27歳は、「これは彼の責任というよりも、何が起きてもおかしくない状態だった」「マツヤマは何も動かしていない」と説明。それによって松山はペナルティーを科されずに済んだのである。

 結局、危なげなくパーセーブを成功させたは、5バーディー、1ボギーの67で回り、通算5アンダーの11位に浮上。単独首位のアダム・スコット(オーストラリア)に3打差と、逆転優勝も視野に入れる好位置につけた。

 松山を救ったラームの振る舞いには、現地の識者たちからも賛辞が相次いだ。PGAの公式中継で解説を務めたアナリストのアンドレス・ゴンサレス氏は「ラームがマツヤマをサポートしたのは良いことだった」と紳士的な振る舞いを称えた。

「マツヤマはペナルティーを科されなくて良かったとラームに感謝すべきだ。実際、マツヤマは何もしていなかった。だけど、カメラのアングルによっては、彼が影響を与えたと言われて、違反を取られてもおかしくないシーンではあったからね」

 マナーのあるライバルの振る舞いに救われた松山。競技後に「1つでも伸ばして上位争いができるように頑張りたい」と語った31歳のパフォーマンスには引き続き注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】松山英樹を“救った”スペイン人ゴルファーの振る舞いに止まぬ賛辞「彼が何も言わなければ、マツヤマはペナルティーを科された」

【関連記事】「あれに張り合うのは難しい」“全米女子アマV”馬場咲希に決勝相手はお手上げ! 圧倒的な強さに「かなり驚かされた」

【関連記事】世界ランク2位のゴルファーの“クラブ投げ”がTV局女性を急襲! まさかの危機に海外メディアも反応「悔しさか、はたまた怠慢か」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング