専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
高校野球

【甲子園交流大会注目「野手」ランキング】履正社・小深田は長打と確実性を兼備、智弁和歌山・細川は屈指の安打製造機

西尾典文

2020.08.10

これまで甲子園で本塁打を3本打っている来田。高校最後の大舞台での活躍に期待が集まる。写真:藤原彬

これまで甲子園で本塁打を3本打っている来田。高校最後の大舞台での活躍に期待が集まる。写真:藤原彬

 いよいよ今日から開幕する2020年甲子園高校野球交流試合。中止となった春の選抜大会に出場予定だった32校が参加して行われるが、秋のドラフト会議で指名が期待される選手も多く出場する。そこで今回はドラフト会議の解説も務めるスポーツライターの西尾典文氏が注目選手を7人ずつピックアップし、期待値の大きい順にランキング形式で紹介する。今回は野手編だ。

▼7位 内山壮真(星稜)/捕手
172㎝72㎏ 右投右打

 キャッチャーでは関本勇輔(履正社)とも悩んだが、実績を考えて内山をピックアップした。中学時代は捕手だったが、昨年までは山瀬慎之助(巨人)がいたこともありショートを任されており、新チームから本職へと復帰した。体は大きくないものの、素早いスローイングでイニング間のセカンド送球はコンスタントに1.9秒前後をマークする。秋は公式戦10試合で打率.538、2本塁打、16打点と主砲に相応しい活躍を見せた。ただ攻守ともに雑になるところは課題だけに、最後の大舞台ではそのあたりに注目したい。
タイプ診断:#強肩強打 #ユーティリティ
 
▼6位 西野力矢(大阪桐蔭)/三塁手
180㎝95㎏ 右投右打

 強打者揃いの大阪桐蔭にあって、1年秋から不動の中軸として活躍している右の強打者。パワーはもちろんだが、スイングに柔らかさがあり、広角に長打を放てるのが大きな持ち味だ。昨年秋の近畿大会では中森俊介(明石商)の外角のスライダーを見事に右中間スタンドへ放り込んで見せた。太めの体型から“おかわり二世”と言われることもあるが、サードの守備では動きの良さとスローイングの正確性もあり、決して打つだけの選手ではないところも共通点だ。東海大相模の投手陣の変化球にどう対応するかにも注目したい。
タイプ診断:#おかわり二世 #対応力

▼5位 中山礼都(中京大中京)/遊撃手
179㎝79㎏ 右投左打

 今年の高校生はショートに好素材が多く揃うが、今大会に出場する選手の中で遊撃手としての総合力であればこの中山を推したい。元々フットワークの良さが目立つ選手だったが、昨年秋から今年の夏にかけて更にレベルアップした印象を受ける。少し不安定だったスローイングにも強さと正確性が加わり、見ていて安心できる選手だ。バッティングも下半身の強さが加わったことでスイングが力強くなり、愛知の独自大会ではバックスクリーンへの一発を放つなど長打力もアップしている。早くからプロ志望と伝えられているだけに、大舞台での更なるアピールに期待したい。
タイプ診断:#三拍子 #フットワーク
 

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング