専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【どこよりも早い2021ドラフト候補ランキング:1~10位】1~9位はいずれも投手!公立校の高校生右腕がトップの座に

西尾典文

2021.01.04

▼9位:森木大智[投手・高知高]
(もりき・だいち/右投右打)
将来像:大瀬良大地(広島)
 中学軟式で150キロをマークして話題となった四国を代表する右腕。高校進学後は故障に苦しんだ時期もあったものの、秋の高知県大会決勝では明徳義塾を相手に12回を投げて1失点と好投し、改めてそのポテンシャルの高さを見せた。スピードに注目が集まるが、変化球のレベルも高い。四国大会では初戦で敗れて選抜出場は絶望となったが、最終学年ではその悔しさを晴らす快投に期待したい。
タイプ診断:#剛腕 #スーパー中学生
 
▼10位:徳丸天晴[外野手・智弁和歌山高]
(とくまる・てんせい/右投右打)
将来像:大山悠輔(阪神)
 入学直後から強力打線の4番を任せられている右の強打者。堂々とした体格は高校生離れしたものがあり、チームの歴代の強打者と比べても長距離砲としての素質は引けをとらない。昨年までは少し腕力に頼ったスイングが目立ったが、この夏以降は下半身にも強さが出てきた。脚力はそれほど目立たないが、ライトから見せる強肩も魅力。秋の公式戦後にはサードにも取り組んでおり、守備面のレベルアップも期待される。
タイプ診断:#長距離砲 #スター候補

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる。ドラフト、アマチュア野球情報サイト「プロアマ野球研究所(PABBlab)」を2019年8月にリリースして多くの選手やデータを発信している。

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング