専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

もはや隠し球じゃない――ドラフト戦線に突然現れた“無名の155キロ右腕”柴田大地が辿った波瀾万丈すぎる球歴【後編】

矢崎良一

2021.10.08

柴田はどんな時もあきらめずに取り組んできた。その努力は確実に目に見える形で表れてきている。写真:徳原隆元

柴田はどんな時もあきらめずに取り組んできた。その努力は確実に目に見える形で表れてきている。写真:徳原隆元

 日体大の辻コーチは、「気が付くと、いつの間にか、自分の“当たり前”を越えていた」と教え子の成長に目を細める。

 ドラフト直前、辻は自らのTwitterにこう書き込んだ。

「平良投手や澤村投手のようなポテンシャルを持っている。実戦経験が少ないので、今年の実力だけを見れば中位~下位。来年なら1指名の実力になるかも」

 高校時代のチームメイトの鈴木健介は、富士大を卒業後、北海道の室蘭シャークスに所属している。鈴木も高校卒業時に肘を手術し、大学では故障に苦しんだ。柴田ともよく電話で、「どんなリハビリメニューをやってるの?」と情報を交換し合ったという。

 柴田が150キロを出したと聞いて、「やっぱりな。万全になったら、それくらい出すわ」と驚きはなかった。

 ともに大卒2年目のドラフト解禁年。プロを意識してやって来た。高校時代に最後に対戦した日大豊山の吉村貢司郎も、中学時代から同じ地区のチームに所属していて、よく知る仲。大学卒業時には、吉村が一番上にいて、鈴木がいて、その下に柴田という位置づけだった。こうして柴田が台頭し、吉村も都市対抗予選で好投しアピールした。「俺も負けてられない」と気合いを入れ直している。

 最後に柴田に話を聞いてみた。

「今はマウンドに上がれることが嬉しいですね」

 しみじみと言う。

「高校の時も、大学の時も、思うように投げられなくて、会社にもこの状態で採ってもらって……。わかってはいても、周りを見れば普通に投げている選手たちがいる。焦りもあるし、苦しかった」

 それでも、何度ケガで投げられなくなっても、投げることへのモチベーションを失うことがなかった。なぜ、それが出来たのだろうか?

「“あきらめない”ということは、常に意識していましたね。リハビリをしてても、『このまま終わりたくねえなぁ』って、いつも思ってました。自分に期待しているんです。まだまだ伸びシロがたくさんあると思っていますから」

 悲壮感のない笑顔。この明るい性格が人の心を動かし、「こいつをなんとかしてやりたい」という周囲の思いに後押しされ、節目節目で自分の道を切り拓いてきた。その道が、いよいよプロという夢に届きかけている。

“あきらめない”という、物凄くシンプルだけどとても難しいことを実践すると、こんな奇跡のようなことが起こる。柴田大地の球歴は、そんなことを教えてくれている。

「取材とか受けると、つい『見返す』とか言っちゃうんですけど、それよりも『恩返し』がしたいんです。いろんな人に応援してもらって今があるので。自分がプロに行けたら、その人たちも喜んでくれる。だから、プロに行きたい。プロに行って、160キロを投げて、勝ちたいですね」

 さあ、運命のドラフト会議は10月11日。今度の節目には、果たしてどんなドラマが待っているだろうか?

取材・文●矢崎良一

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング