専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

南野拓実、大迫勇也に寄せられる欧州からの期待――代表戦での好パフォーマンスはクラブでのキャリアに好影響を与えるか!?

THE DIGEST編集部

2021.04.02

大迫と南野は出色のプレーを披露。この感覚をクラブにも持ち帰りたい。(C)Getty Images

大迫と南野は出色のプレーを披露。この感覚をクラブにも持ち帰りたい。(C)Getty Images

 3月の代表ウィークで、日本代表は25日に韓国代表と対戦して3-0の完勝、そして30日のカタール・ワールドカップ・アジア2次予選のモンゴル戦では14ゴールを挙げて記録的な勝利を飾った。

 日本の背番号10を担った南野拓実は、韓国戦は他の攻撃選手に比べると地味な働きに終わったものの、モンゴル戦では13分に多くの相手選手がゴール前に立ちはだかる状況で、冷静にコースを狙ってのダイレクトシュートで大量点の口火を切り、W杯予選での連続得点記録を5試合に伸ばした。

 この価値あるゴールに反応したのが、彼の所属クラブであるサウサンプトンの専門メディア『READ SOUTHAMPTON』で、「冷静かつ自信に溢れたプレーを最後まで続けた南野は、得点の場面ではゴール隅へのシュートコースを見つけた」と報じている。

 この26歳の日本人を「攻撃的MFとしてもプレーできるサイドアタッカーは、サウサンプトンに加入してから、イングランドでの活気に満ちたキャリアを楽しんでいる」と評する同メディアは、彼が代表戦で得た収穫をセインツに還元してくれることを期待する。
 
「大阪出身のアタッカーは、これで自信を得、今後はより多くのゴールを記録することだろう。サウサンプトンのファンは、南野が代表での良いフォームをセント・メリーズに持ち帰ってくれることを望んでいるだろう」

 一方、今回の代表戦では大迫勇也も、強い印象を見る者に与えた。韓国戦ではアクロバティックなバックヒールで山根視来の先制点をアシストし、さらにチーム2点目の場面でも鎌田大地にラストパスを通して快勝に貢献。モンゴル戦では自身が得点力を発揮してハットトリックを達成し、ここでも勝利の立役者のひとりとなった。

 このことを、彼の所属先であるブレーメンも公式サイトで取り上げ、チームマネジャーを務めるクレメンス・フリッツが「大迫は自信を得た。我々は彼にとても満足しており、チームに戻るのを待ち望んでいる」と語ったことを伝えた。

「日本に帰国できたのは、ユウヤにとって良いことだったようだ。彼は自信だけでなく、試合の感覚とフィットネスの部分で収穫を得た。対戦相手がどこでもあって関係ない」と、今回の代表合流をポジティブに捉えたチームマネジャーは、「代表戦での勢いを、クラブでも維持しなければならない」と、シーズン残りでの飛躍を望んでいる。
 
NEXT
PAGE
クラブでの微妙な現状を打開できるか

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング