専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

大番狂わせを演じた日本代表、各国メディアは称賛とともにドイツ戦勝因の検証も! 劣勢の前半で森保監督が「気づいた」と指摘するのは?【W杯】

THE DIGEST編集部

2022.11.25

同点ゴールを決めた堂安。日本中を歓喜の渦に巻き込んだ。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部/JMPA代表撮影)

同点ゴールを決めた堂安。日本中を歓喜の渦に巻き込んだ。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部/JMPA代表撮影)

 現地時間11月23日、カタール・ワールドカップのグループEで日本代表がドイツ代表を2-1で下し、見事に白星発進を飾った。

 前半は防戦一方となり、33分にPKをイルカイ・ギュンドアンに決められて先制を許すも、後半のシステム変更と選手交代で流れを変え、75分に三笘薫の縦パスから南野拓実が強めのクロスを入れると、GKマヌエル・ノイアーが弾いたところを堂安律が詰めて同点とする。

【動画】日本中が歓喜した浅野拓磨の“半端ない”トラップからの決勝弾!
 さらに83分には、セットプレーからロングパスを浅野拓磨が正確なトラップで収めてゴールに迫り、角度のない位置から冷静かつ巧みなシュートでノイアーの左の肩口を破って逆転、リードを守り切って勝点3を手にした。

 前日に世界を驚かせたサウジアラビアによるアルゼンチン撃破の番狂わせを、同じアジアの代表国がほぼ同じ展開で再現したことについて、英国の日刊紙『The Guardian』は「ドーハの奇跡。日本のサムライブルーがドイツを打ち負かす」、『THE Sun』紙は「4年前にメキシコ人は手を振ってドイツに別れを告げた。そして、メキシコの波がハリーファ・スタジアムに到達した時、ドイツには日本の優秀な交代選手たちによって再び早期帰国の可能性が生じた」と報じている。

 また、スペインのスポーツ紙『AS』は「ハンジ・フリック(ドイツ代表監督)のチームはコントロールした試合を終わらせられず、日本の精神力がこの大会2つ目の大番狂わせに繋がった」、フランスはスポーツ紙『L’EQUIPE』が「IPPON(一本!)」と一言だけで見出しを打ち、イタリアのスポーツ紙『Gazzetta dello Sport』は「ドイツのハラキリ。日本はクーデターを成功させた」、スイスの日刊紙『Blick』は「日本はセンセーションを巻き起こし、ドイツ全体が言葉を失う」と続く。

 また、この連日の番狂わせに対しては、イタリアの日刊紙『La Repubblica』が「神々の崩壊。アルゼンチンの後、ドイツもクラッシュ」、米国の日刊紙『New York Times』は「強大な力が衰退する日々。W杯3日目にアルゼンチン、4日目はドイツの番だった」と、その驚きを表現している。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング