専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

「ユウキの学習は進んでる」角田裕毅、イタリアで厳格トレーニングを開始! “教官”トストは飛躍を確信!

THE DIGEST編集部

2021.06.06

開幕から苦戦するルーキー角田が、成長プログラム実施のためイタリアへ拠点を移した。(C)Getty Images

開幕から苦戦するルーキー角田が、成長プログラム実施のためイタリアへ拠点を移した。(C)Getty Images

 F1第6戦のアゼルバイジャン・グランプリが開幕。角田裕毅は2日目の予選で自身初のQ3進出も、最後はクラッシュで終えた。それでも自己最高の8番手のタイムを計測するなど上々のスタートを切り、決勝での飛躍が期待される。

 そんな彼について、ここ最近は、レッドブル・グループのヘルムート・マルコ顧問によって英国からイタリアへの“移動”を命じられ、アルファタウリのフランツ・トスト代表の下で徹底した成長プログラムが実施されることが最大の話題となっており、これについて角田自身が詳細を語っている(オランダの専門メディア『RN365』より)。

 この件を角田自身が知ったのは、モナコGP開催中の土曜日だったとのことで、この前日のFP2でウォールに接触してその後の計画に悪影響を及ぼしていたため、「レッドブルは僕に満足していなかったと思います」と彼は回想。イタリア行きについては、「何かを変える必要があり、良いことでした」と歓迎している。

 実は、シーズン前に角田の方からチームに対し、イタリアへ拠点を移すことを打診していたが、その際はシミュレーターの都合などによりレッドブルのファクトリーがある英国ミルトン・キーンズに滞在することになったという。

 イタリア・ファエンツァに移ったことで、「(アルファタウリの)エンジニアたちとより多くの時間を過ごし、ファクトリーで車について多くのことを話せるようになりました。とても良い選択だったと思います。加えて、食べ物や天候が(英国に比べて)はるかに良いことも、プラスのポイントです」と笑顔で語る彼は、「うまくいけば、僕のパフォーマンスにも好影響があるでしょう」と期待を寄せた。
 
 モナコGPの後、すぐにイタリアに移ったという彼は、トスト代表によって組まれた日々の“厳しい”メニューを、以下のように明かしている。

「午前中に2時間のトレーニング。これは今までやったことがなかったので、とても大変でした。その後すぐにエンジニアとミーティングを行ない、続いて昼食中は英語のレッスン。これは、今の僕の英語が完璧でないからです。その後は別のミーティング、そしてまた厳しいトレーニングを行ないます」

 それが非常にハードだったのは、「先週は楽しめませんでした」という正直な言葉からも窺えるが、21歳のルーキーは「エンジニアとのミーティングは、より車の理解を深めました」と、その効果を認めている。そして、トレーニングを続けることで「今年の終わりまでには、“ボディビルダー”になれたらいいな(笑)」とジョークで締めた。
 
NEXT
PAGE
イタリアでトレーニングに励む角田をトスト代表はどう見てる?

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング