専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
食と体調管理

『僕はおそらく他の人より練習量が少ない』と自分のペースを貫く理由。パルクールアスリート朝倉聖のトレーニング法とコンディショニング

THE DIGEST編集部

2021.07.01

表現者、朝倉聖の原点は絵を書くこと。中学生の時は美術部に所属していた。写真:田中研二

表現者、朝倉聖の原点は絵を書くこと。中学生の時は美術部に所属していた。写真:田中研二

 プロとして活躍する方々のインタビューを通し、明日への一歩を応援する「Do My Best, Go!」。第8回は、新時代スポーツ、パルクール界の若きエース朝倉聖(SEI)が登場。自分の身体のみを使って、表現し、勝負をする世界にいる彼の、アスリートとしてのコンディショニング、そしてアーティストとしての個性について、探っていこう。

   ◆  ◆  ◆

――パルクールは、全身を使うとてもハードなスポーツだと思うのですが、子どものころから運動は得意でしたか?

「運動神経はよいほうだったと思います。体育のマット運動、跳び箱などは得意でした。ただ球技全般が苦手で、なにかルールを考えたりするものはあまり得意ではなかったですね。もともと動くのは好きだったのですが、ハマれるものが見つからず、中学の部活は美術部に入りました」

――美術部? 絵を書くのが好きだったのですか?

「いまも好きです。僕は母子家庭だったのですが、母親が仕事に行っている間は、ひとりの時間が多くて、いつも母親の用意してくれたペンと紙で、黙々と絵を書いていました」

――書道も得意とうかがいましたが?

「学校の先生に字がきれいだねと褒められて、それがきっかけでずっと続けています。いまは八段で、子どもに教えられる資格も持っているんですよ」

――かなりのインドア派だったんですね。身体の線も細かったのですか?

「そうですね。それほど食べる子ではなかったです」

――高校も文化部に?

「その時はすでにパルクールを始めていて、それに夢中でした」

――パルクールを知ったのはいつですか?

「小さい時から、いわゆる屋根から屋根に飛び移ったりする、海外のアドレナリン系の派手な動画をよく見て、知っていました。ただ、すごいなあとは思っても、それらのパフォーマンにはそれほど魅かれませんでした」

――では、やってみたいと思ったきかっけは?

「中学2年生の時にテレビから流れてきたパソコンのCMです。パルクールをしている映像が使われていたのですが、その動きが繊細で、きれいで、とても印象に残りました。美術や書道など、なにか表現することに興味があったのですが、身体で表現することもできるんだ、と思ったことが始まりでした。CMに出演していたZENさんとは、今では一緒に活動するようにもなりましたが、変わらず僕にとってのヒーローです」
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング