専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
マラソン・駅伝

まさに駅伝男!上野裕一郎が“有言実行”の走りで長野を優勝へ導く! 中学生からのお願いに「オッケー任せろ!」

THE DIGEST編集部

2023.01.24

立教大駅伝監督の上野が、長野代表として力走。4回目のゴールテープを切った。写真:滝川敏之

立教大駅伝監督の上野が、長野代表として力走。4回目のゴールテープを切った。写真:滝川敏之

 立教大学男子駅伝監督を務める上野裕一郎(セントポールクラブ)が“有言実行”のゴールテープを切り、故郷の長野に2大会連続9度目の優勝をもたらした。

 1月22日、平和記念公園前(広島市)発着で全国都道府県対抗男子駅伝(7区間48キロ)が開催された。長野の小林睦(富士見中)が6区区間3位の力走でトップで中継所に駆け込むと、上野に「ナイスラン!」と声を掛けられた。

 そんな小林は「お願いします」と襷を託した。これに“日本一速い監督”は、「オッケー任せろ!」と6人の汗が染み込んだ襷を力強く受け取り、駆け出した。中継所では2位以下のチームとは49秒差。

 中盤、佐久長聖高校時代の恩師である両角速監督(現東海大)が沿道で声を掛けた場面は、手を挙げて応える余裕を見せていた。淡々と自分のリズムを刻んだ頼れるアンカーは、13キロを38分11秒で走破。ライバルチームに猛追されたものの振り切り、長野は大会新となる2時間17分10秒を叩き出した。
 
 今大会を含め9回頂点に上りつめた長野。そのうち6度の優勝に貢献したのが上野であり、4回は自らゴールテープを切った。まさに“駅伝男”とも言える。

 普段はプレイングコーチのような形で監督業に励む37歳。立教大を55年ぶりの箱根駅伝出場に導き、指導者としての手腕も高く評価されている。二刀流として走る今後の挑戦にも注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「絶対飛んでるでしょ!」岡山の“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里が海外でも話題に!驚異の17人抜きには英記者も脱帽【女子駅伝】

【関連記事】ライバルを押しのけた走者が妨害で失格に! 大会史上最悪の“非スポーツマン行為”に運営者も唖然「恐怖を感じた」

【関連記事】「3日前に大喧嘩したんです笑」――新谷仁美を日本歴代2位に導いた新田良太郎コーチが衝撃の告白!「まじで地獄だった」
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング