専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

2021年の大谷翔平はベーブ・ルースを超えてMLB史上最高の選手になったのか?<SLUGGER>

SLUGGER編集部

2021.12.31

投げては9勝&130イニング、打ってはリーグ3位の46本塁打と“二刀流”の活躍でMVPとなった大谷(写真)。ルース以上の存在になれたのか?(C)Getty Images

投げては9勝&130イニング、打ってはリーグ3位の46本塁打と“二刀流”の活躍でMVPとなった大谷(写真)。ルース以上の存在になれたのか?(C)Getty Images

「史上最高の選手」はベーブ・ルースで決まりでも、「史上最高のシーズンを送った選手」となれば話は違う。そして2021年の大谷翔平は、“史上最高論争”に入るだけの輝きを見せていたとの評価は少なくない。果たして大谷は“野球の神様”を超えたのか。歴史的価値という文脈で考察してみよう。

 何十年もの間、極めて簡単な答えを持つ、極めて簡単な問いがあった。

「ベースボール史上最も偉大な選手は誰か?」

 もちろん、答えはベーブ・ルースだ。なぜなら、ルースは二人の選手が一つになったような存在だったからだ。彼はレッドソックスでエリート投手としてデビューし、そこから史上最強のスラッガーとなった。ウィリー・メイズやバリー・ボンズでさえ比較にならない。なぜなら、打者が投手として活躍することも、投手が一流打者になることもなかったからだ。

 しかし21年になって、この問題は一気にややこしくなった。人知を超えた才能を誇る大谷翔平(エンジェルス)のおかげだ。もちろん、大谷を「史上最も偉大な選手」として検討するのはまだ早すぎる。ルースは40歳までプレーしたが、大谷はこの夏に27歳になったばかりだ。
 
 だが、違った形で問いを投げかけることはまったく理に適っている。「大谷の2021年は史上最高のシーズンか?」というものだ。これなら、彼はかなり近いところまでくる。

 確かに、今季の大谷は歴史上でもかなり稀有なシーズンを送っている。ルースが本格的な二刀流選手としてプレーしたのは2年だけ。1918年は20試合に登板(19試合に先発)し、382打席に立った。悪名高いトレードでヤンキースに移籍する直前、ボストンでの最後のシーズンとなった19年は、17試合に登板(15先発)して打席数は543だった。一方で大谷は、ルースのこの2年間よりも「二刀流度」が高い。9月3日には20先発と600打席をクリアし、ともに18~19年のルースを上回っている。

 この2年間で、ルースは投手としても野手としても優秀な成績を残した。しかし、どちらのシーズンもWAR(Baseball Reference版)でリーグトップを記録することはなかった。18年はリーグ4位の7.0、19年は9.9でウォルター・ジョンソンに次いで2位だった。ヤンキースに移ったルースはフルタイムの打者となり、その後の12年間で10回WARリーグトップに立った。その間、年間2試合以上投げたことは一度もなかった。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング