専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「オオタニだけがビッグFAではない」メッツ専門メディア、来オフのダルビッシュ獲得を熱望!! 大谷、千賀との夢の共演にも期待

THE DIGEST編集部

2023.01.24

来オフにFAを迎えるダルビッシュ。大谷同様、去就が注目されるひとりだ。(C) Getty Images

来オフにFAを迎えるダルビッシュ。大谷同様、去就が注目されるひとりだ。(C) Getty Images

 今オフ、ジャスティン・バーランダーや千賀滉大をはじめ、大型補強を敢行しているニューヨーク・メッツ。投打でスター選手を抱えながらさらなる戦力補強を見込む同球団には、すでに来オフの選手獲得の話題も沸き起こっている。

【動画】「どうやって打つの?」ファンや同僚が唸ったダルビッシュ有の剛速球! ブルペン投球をチェック
 メッツは兼ねてより、フリーエージェント(FA)となるロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平の移籍先として有力視されている中、もう一人、同じタイミングでFAを迎えるサンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有も獲得候補だと、現地メディア『Rising Apple』が伝えている。

 メッツの情報を発信する同サイトは現地時間1月22日に配信となった記事の中で「ショウヘイ・オオタニは来年の冬、メッツのターゲットになりそうだ」と大谷の獲得を目指すことが確実と述べており、続けて「オオタニだけがメッツが頭に入れておくべきビッグフリーエージェントではない」と指摘。その上で、3名の投手の名を挙げ、来オフの補強に動くべきだと主張。その中の1人にダルビッシュの名前を記している。

 フィラデルフィア・フィリーズのアーロン・ノラ、ロサンゼルス・ドジャースのフリオ・ウリアスとともに、ダルビッシュの来オフでの獲得を望む同メディアは「ユウ・ダルビッシュは、メッツにフィットするかもしれない投手だ。オオタニを加えるかどうかは別として、ローテーションにダルビッシュのような優れたピッチャーを入れるスペースはある」と先発投手の陣容に言及。

 さらに「ダルビッシュは2023年シーズン後半に37歳になり、マックス・シャーザーやバーランダーと同じような、しかしそれほど高価ではない契約が予想される。彼らのどちらにも匹敵するほど良い成績を残していないが、2022年の優れた数字は、ダルビッシュが40歳に近づくにつれ、うまく歳をとっていくことの表れかもしれない」と見解を綴っている。

 記事では、昨シーズン16勝を挙げパドレスをプレーオフに導くなど、見事な働きを見せた日本人右腕を称えており、さらに近い将来の実現も不可能ではない、夢のような共演に心を躍らせている。

「ダルビッシュ、オオタニ、コウダイ・センガの3人の日本人によるローテーションは、明らかに国際的なセンセーションを巻き起こすだろう」

 ダルビッシュ、大谷の両選手の獲得は、まさにメッツにしかできないであろう大型補強だ。もし、現実のものとなれば、世界中のファンの目が釘付けとなることは間違いない。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】「最強打者=4番打者」という日本の価値観ではない起用法を。大谷翔平の二刀流、WBCでの“理想の使い方”を考察

【関連記事】「僕は日本への敬意を払いたい」――ヌートバー選出への“偏見”はやめよう。侍ジャパン史上初の男に期待するもの

【関連記事】侍ジャパンの4番は誰が適任? 最強打者は何番を打つべき? 強打者揃いの日本が世界一を狙うには――【WBC打順予想】
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング