専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

9人のオールスターを輩出するも…。1999年ドラフト組の印象に影を落とした2位指名選手の凋落【NBAドラフト史】

大井成義

2020.10.07

1999年のドラフトでは1位指名のブランド(中央)から57位のジノビリ(右上)まで9人のオールスター選手が誕生した。(C)Getty Images

1999年のドラフトでは1位指名のブランド(中央)から57位のジノビリ(右上)まで9人のオールスター選手が誕生した。(C)Getty Images

 オールスター選手を何名輩出しているかは、ドラフトクラスの実力を計る上でのひとつの指標となる。だが1999年のドラフト組は、9人のオールスター選手を擁しているにもかかわらず、その印象は希薄だ。それなりの実力者は揃うが突出した選手は皆無という、なんとも煮え切らない年。それが1999年組だった。

■実力者は揃っているもののスーパースターは皆無

 ロッタリーが導入された1985年以降で、最多となる10人のオールスター選手を輩出したドラフト年が2度ある。コビー・ブライアントやアレン・アイバーソン、スティーブ・ナッシュらの1996年と、パトリック・ユーイング、カール・マローン、クリス・マリンの1985年。どちらも、言わずと知れた史上トップクラスの当たり年だ。

 続いて9人を世に送り出した年が3度。まずはレブロン・ジェームズやカーメロ・アンソニー、ドゥエイン・ウェイドの2003年。その年を筆頭に、残りの2年も錚々たるドラフトクラスなのかと思いきや、意外にもそうではなかったりするところが面白い。9人ものオールスターが誕生したというのに、凄いような凄くないような、なんとなく煮え切らないメンツが顔を揃えている。
 
 次いで1989年。1位パービス・エリソン、2位ダニー・フェリー、17位にショーン・ケンプ。『wikipedia』の英語版には、“史上最悪のドラフトのひとつと考えられている”などと書かれている。9人のオールスターを輩出しながら史上最悪……。

 そしてもうひとつが、今回紹介する1999年だ。オールスター9人以外にも、ソリッドな脇役も何人か輩出しており、シックスマン賞受賞者3人は歴代最多。それなのに、この年のドラフト組の印象は今ひとつ薄い。派手なのか地味なのか、イケているのか、イケていないのか――。

 短期限定なら“スター”と呼ばれた選手は数人いる。しかし“スーパースター”への階段を登り切った者は1人もおらず、フランチャイズプレーヤーの役目を長期間務めた選手もいない。それなのに、しつこいようだがオールスターが9人。調べれば調べるほど、なんとも不思議な年である。

 この年の出世頭は、全58人の指名選手中、なんとブービーの2巡目57位で指名されたマヌ・ジノビリ。この意外性もまた、1999年組の異質さを象徴しているような気がする。
 
NEXT
PAGE
ロッタリーで1位指名権を手にしたのは…

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング